[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

フォワードプロキシ (forward proxy)

pointこの用語のポイント

pointプロキシだよ

pointWebブラウザの身代わりをするよ

point「リバースプロキシ」と対比するときに使うよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

フォワードプロキシ (forward proxy)とは

普通の「プロキシ」のこと。
つまり

Webブラウザさんの身代わりになってホームページにアクセスしてくれるサーバさんのこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

プロキシは「Webブラウザさんの身代わりになってホームページアクセスしてくれるサーバさん」ね。
細かい説明は用語「プロキシ」の説明をご覧ください。

フォワードプロキシ

この普通のプロキシの正式名称が「フォワードプロキシ」です。

なんで「フォワード」なんていう単語がくっついているかというと「リバースプロキシ」と対比させるためです。

ちなみに「リバースプロキシ」は「Webサーバさんの身代わりになってホームページを返してくれるサーバさん」ね。
細かい説明は用語「リバースプロキシ」の説明をご覧ください。

フォワードプロキシ2

ちょっと普通のプロキシとリバースプロキシを並べてみてください。

プロキシ←→リバースプロキシ

というのは何か変ですね。
収まりが良くありません。
「リバースプロキシだってプロキシじゃん!」とツッコミが入りそうです。

それでは

フォワードプロキシ←→リバースプロキシ

としたらどうでしょう。
言葉の座りがいいですよね。

このように

普通のプロキシをリバースプロキシと対比させるときに使う呼び名

がフォワードプロキシです。

「フォワードプロキシ」と出てきたときは、近くに「リバースプロキシ」がいるはずです。
探してみてください。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「フォワードプロキシ」って単語が出てきたら「普通のプロキシのことだけどリバースプロキシと対比させたいんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク