[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

切り取り (cut)

pointこの用語のポイント

point内容をクリップボードに書き写すよ

point元のデータは消すよ

pointショートカットキーは、Ctrlキー+「x」だよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

切り取り (cut)とは

内容をクリップボードに書き写して元のデータを消すこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。
まずは「クリップボード」について簡単に説明します。
「そんなの説明されなくても知ってるよ!」な人は、適当に読み飛ばしてください。

クリップボードは「パソコンさん用の黒板」です。
パソコンさんが人間様から「これ、覚えておいて!」と指示された内容をメモっておくためにあります。

切り取り

以上を踏まえて、文字画像ファイルフォルダなどのデータをクリップボードに書き写して元のデータを消す行為が「切り取り」です。

切り取り2

言い換えると「コピーした後に削除」ですね。

切り取り3

留意事項として、切り取る対象がファイルやフォルダの場合、切り取りをした時点では元のデータが消えていません。
残っています。

切り取り4

切り取ったデータをどこか別の場所に貼り付けた時点で、元のデータが消えます。

切り取り5

それに対して、切り取る対象が文字などの場合は、切り取りをした時点で元のデータは消えてしまいます。

切り取り6

なお、Windowsの場合は、切り取りたい内容を選択して

マウス右クリック
 ↓
「切り抜き」を選択


で切り取りできます。
あるいは、キーボードCtrlキーを押しながら「x」のキーを押しても切り取りできます。

よく使う操作なので、覚えてあげてください。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「切り取り」って単語が出てきたら「クリップボードに書き写して元のデータを消すんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク