[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

アンパサンド (ampersand)

pointこの用語のポイント

point文字だよ

point「&」だよ

point通称は「アンドマーク」だよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

アンパサンド (ampersand)とは

『&』のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

通称は「アンドマーク」です。

通称の方が馴染みがあるのは私だけですかね?

Windows用のキーボードの場合ですが、Shiftキーを押しながら数字の「6」を押すと「&」が入力されますよね。
そいつがアンパサンドです。

アンパサンド

アンパサンドはプログラミング言語関連では結構登場しますが、登場する位置によって役割が違ったりします。

例えばC言語では変数にくっつけて

&a

とかするとアドレス値が取れます。
「&&」と二つくっつけて

a = 1 && b = 2

のように書くと、「aが1で『かつ』bが2」の意味になります。
あまり登場しませんが

a & b

とするとビット演算におけるAND扱いです。

単純そうに見えて意外と癖がある奴なので、プログラミング関連で出てきたら気を付けてください。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「アンパサンド」って単語が出てきたら「『&』のことなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク