[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

オンマウス (on mouse)

pointこの用語のポイント

pointマウスポインタを上に乗せるよ

pointマウスポインタが上に乗ってるよ

point操作、もしくは状態を指すよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

オンマウス (on mouse)とは

マウスポインタを何かの上に乗せる(重ねる)操作のこと。
もしくは

マウスポインタが何かの上に乗った(重なった)状態のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。
まずは予備知識として「マウスポインタ」と「マウス」について簡単に説明します。
「そんなの説明されなくても知ってるよ!」な人は、適当に読み飛ばしてください。

マウスポインタは、パソコンさんの世界における「あなたの手の代わり」です。

ボタンを押したくなったとき、代わりに押してくれます。
掴んで移動させたくなったとき、代わりに掴んで移動させてくれます。
その他、いろいろなことをやってくれます。

見た目は矢印だったり「I」みたいな形だったりしています。

オンマウス

マウスは「マウスポインタのコントローラ」です。
マウスをぐりぐりすると、画面に映った矢印(マウスポインタ)が連動して動きます。

オンマウス2

あなたがコンピュータの世界の物を動かすことは、できません。
あなたの手は現実世界にありますからね。
画面をポチっと押してもディスプレイに指紋がつくだけです。
※「おまえはタッチパネルを知らないのか?」というツッコミは勘弁してくださいね。

では、どうすればコンピュータの世界の物を操作できるのでしょうか?

それを解決してくれるのがマウスとマウスポインタです。
マウスポインタさんはコンピュータの世界におけるあなたの手の代わりです。
マウスポインタさんはマウスを通して操作します。

マウスをグリグリ動かすことで、あなたの手の代わりであるマウスポインタがグリグリ動き、マウスポインタがあなたの意思で動くことによって、あなたがコンピュータ世界の物を操作できるのです。

以上を踏まえて、マウスをグリグリ動かしてマウスポインタを対象の上に乗せる(重ねる)操作が「オンマウス」です。
例えば、ボタンの上にマウスポインタを移動させる操作を指します。

オンマウス3

あるいは、マウスポインタが対象の上に乗った(重なった)状態が「オンマウス」です。
例えば、ボタンの上にマウスポインタが置かれた状態を指します。

オンマウス4

「状態」を指すか「操作」を指すかは、前後の文脈を参考にして、ゆるく考えてください。
ポイントは「ゆるく」です。
突き詰めて考えると、混乱するかもしれません。

例えば「オンマウスでボタンの色を変える」のような言い回しがあります。
意味は「マウスポインタがボタンの上に乗ったら、ボタンの色を変えるよ~」です。

オンマウス5

これは

ボタンの上にマウスポインタを乗せる操作を行ったら、ボタンの色を変える

と解釈できます。

オンマウス6

あるいは

ボタンの上にマウスポインタが乗った状態になったら、ボタンの色を変える

とも解釈できます。

オンマウス7

どちらと解釈しても大差ない気がしますね。

ですが、以下のように解釈した場合は、どうでしょう。

1.【マウスポインタを上に乗せる操作】でボタンの色を変える
2.【マウスポインタが上に乗った状態】でボタンの色を変える


何となくですが、1の方がふさわしい気がしませんか?
2だと、上に乗っている状態が維持されている間は、ひたすら色が変わり続けるようにも解釈できてしまいます。
「上に乗った状態」でボタンの色を変えるのではありません。
「上に乗った状態になったら」ボタンの色を変えるのです。

今回の例では「操作」と解釈した方がしっくりきますが、逆に「状態」と解釈した方がしっくりくる場合もあります。

よって、あまり突っ込んで考えないで、ゆるく解釈してください。
ふんわりと煙に巻く表現をするならば「マウスポインタが上に乗った状態になる」のがオンマウスです。

ちなみに、半分余談ですが「オンマウスをする」とは、あまり言いません。
意味的には、おかしくない気もしますが「マウスを上に乗せることをする」のような、ちょっと微妙な表現です。
「オンマウス」という表現は「オンマウスで○○する」のように「マウスを乗せたら○○する」の形で、よく登場します。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「オンマウス」って単語が出てきたら「マウスポインタが何かの上に乗った(重なった)んだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク