[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

クッキー (cookie)

pointこの用語のポイント

pointファイルだよ

pointWebサーバからWebブラウザに、こっそり渡されるメモだよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

クッキー (cookie)とは

インターネットを見ながら食べるお菓子のこと。
すみません、大嘘こきました。

ホームページのファイルが置いてあるコンピュータ(Webサーバ)からホームページを見るソフト(Webブラウザ)に「次に来るときは、これを持ってきてね」と、こっそり渡されるメモのこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。
まずは予備知識として、ホームページが表示される流れを説明します。
「そんなの説明されなくても知ってるよ!」な人は、適当に読み飛ばしてください。

あなたがホームページを見ようとすると、まず、ホームページを見るときに使うソフトWebブラウザ)からホームページのファイルが置いてあるコンピュータ(Webサーバ)に対して「このページをおくれ」とお願いが出されます。

クッキー(cookie)1

そのお願いに対して、WebサーバさんからWebブラウザさんに「ほれ、そのページだよ」とお返事がきます。

クッキー(cookie)2

あとはWebブラウザさんがお返事を画面上に表示することで、あなたはホームページを見ることができています。

クッキー(cookie)3

つまり、ホームページが表示されるまでの流れは

1.Webブラウザ→「このページおくれ」→Webサーバ
2.Webブラウザ←「ほれ、そのページだよ」←Webサーバ


となります。

クッキー(cookie)4

ここで

2.Webブラウザ←「ほれ、そのページだよ」←Webサーバ

の流れに注目してください。
WebサーバさんからWebブラウザさんにホームページのファイルが渡されるところです。

クッキー(cookie)5

実はこのとき、WebサーバさんがWebブラウザさんに対して、こっそりメモを渡してくる場合があります。
メモの受け渡しは「こっそり」です。
人間様の目には、やり取りが見えません。

クッキー(cookie)6

Webブラウザさんはメモを受け取りました。
このメモは保管しておいて、次のお願いをするときに一緒に送ってやります。
「よく分からないけど前回こんなの貰ったよ~」と、送りつけてやるのです。

クッキー(cookie)7

そうするとWebサーバさんは、必要に応じて、またメモを送ってきます。

クッキー(cookie)8

この一連の流れにおいて、WebサーバさんとWebブラウザさんの間でやり取りされるメモが「クッキー(cookie)」です。

クッキー(cookie)9

cookieのやり取りは、WebサーバさんとWebブラウザさんの間で勝手に行われます。
人間様が気にする必要は、基本的にはありません。

cookieは、あくまでメモです。
そんなに、たくさんのことは書けません。

また、cookieには有効期限があります。
あまりにも古いメモは「今更そんなメモ使わね~よ」と捨てられてしまいます。

さらに、cookieは割と簡単に盗み見されてしまいます。
あまり大事なことは書かない方が良いでしょう。

つまり、cookieは使い方に注意が必要です。

ただし、それを差し引いても便利な仕組みです。
よく使われます。

例えば、そうですね。

分かりやすい例は、訪問回数のカウントでしょうか。

繰り返しになりますが、ホームページを表示する際には、まず、WebブラウザさんからWebサーバさんに対して「このページをおくれ」な、お願いが出されます。

クッキー(cookie)10

このとき、メモ(cookie)は送られません。
最初のお願いの時点では、まだWebサーバさんからメモを貰っていないからです。

Webサーバさんの方では、メモを送ってこないやつに対して「あぁ、こいつは初めて来たやつなんだな」と判断します。
ホームページのファイルを返すときに、一緒に「1回来たよ」と書いたメモを送ってやります。

クッキー(cookie)11

時間をおいて、再度、WebブラウザさんからWebサーバさんに対して「このページをおくれ」な、お願いが出されました。
このとき、Webブラウザさんからは「1回来たよ」と書かれたメモも一緒に送られます。

クッキー(cookie)12

Webサーバさんの方では、送られてきたメモを見ます。
メモには「1回来たよ」と書いてありました。
既に1回来た、つまり今回は2回目の訪問だと分かります。

クッキー(cookie)13

Webサーバさんは、ホームページのファイルを返すときに、一緒に「2回来たよ」と書いたメモを送ってやります。

クッキー(cookie)14

あとは、これの繰り返しです。
3回目でも、4回目でも、それ以降でも、メモを見れば何度目の訪問かを判断できます。

これが、cookieを使った訪問回数カウントの仕組みです。

cookieの主な用途は、Webサーバさんの

未来の自分に対する連絡

です。

Webサーバさんは、いろんなやつを同時に相手にします。
自分1人で覚えておけることにも限界があります。

そこで、Webサーバさんは未来の自分に対する連絡事項を書き出し、そのメモを相手に渡すことにしたのです。
そうすれば、いちいち覚えておく必要がなくなります。
メモを見れば思い出せますからね。

そのために使われるメモが「cookie」です。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「クッキー」って単語が出てきたら「WebサーバがWebブラウザに渡すメモなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク