[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

RAM【メモリ】

pointこの用語のポイント

pointメモリだよ

point読んだり書いたりできるよ

pointROMと比較するときに、よく登場するよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

RAM【メモリ】とは

「メモリ」と言われて一般的に思い浮かべるであろうメモリ。
つまり

中のデータを読めるし、中にデータを書き込めるメモリのこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。
まずは「メモリ」について簡単に説明します。
「そんなの説明されなくても知ってるよ!」な人は、適当に読み飛ばしてください。

メモリは「パソコンさんが作業するときに使う机」です。

RAM

……と、いつもなら説明するのですが、今回は単に

何かを記憶しておく部品

と解釈してください。

さて、このメモリですが、実は2種類に分類できます。
それは

1.読めるし書き込めるメモリ
2.読めるけど書き込めないメモリ


の2つです。

RAM2

以上を踏まえて、本題です。

この2種類のメモリのうち

1.読めるし書き込めるメモリ

が「RAM(ラム)」です。
Random Access Memory(ランダム・アクセス・メモリー)」の略で「RAM」ね。
気が向いたら覚えてあげてください。

RAM3

RAMはデータを読み書きできるメモリです。
例えば、パソコンのメモリなんかはRAMです。
パソコンのメモリは、メモリの内容を読み書きできますよね。

別に難しく考える必要はありません。
みなさんが「メモリ」と言われて思い浮かべるであろうメモリがRAMです。
「RAM」と出てきたら「メモリ」と読み替えてしまっても、かまいません。
それで困ることは少ないと思います。

ちょっと休憩

あと、ついでなので書いておくと

2.読めるけど書き込めないメモリ

の方は「ROM(ロム)」と言います。
Read Only Memory(リード・オンリー・メモリ)」の略で「ROM」です。

RAM4

ROMは読み取り専用のメモリです。
例えば、昔のゲームソフトなんかに使われていたメモリはROMです。
ゲームソフトはゲーム機で内容を読み取れます。
ゲームの内容を書き換えることは(普通は)できません。

せっかくなので、RAMとROMはセットで覚えてあげてください。

RAM:読み書きできるメモリ
ROM:読み取り専用のメモリ


です。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「RAM」って単語が出てきたら「読み書きできるメモリなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク