[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

物理メモリ

pointこの用語のポイント

pointコンピュータにくっついているメモリだよ

point「仮想メモリ」と対比するときに登場するよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

物理メモリとは

仮想メモリと対比されるときに登場する用語で、実際にコンピュータにくっついているメモリのこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

メモリは「パソコンさんが作業するときに使う机」ね。

物理メモリ

それを踏まえて「コンピュータにくっついている実際のメモリ」が「物理メモリ」です。
仮想メモリ」という用語と対比されるときに使われます。

順番に見ていきましょう。

実はですね。
プログラムから見たメモリの大きさと実際にコンピュータにくっついているメモリの大きさは違います。

メモリ内のどーでもいい内容をハードディスクに一時的にしまうことで(ハードディスクの一部をメモリっぽく使うことで)、プログラムに対して実際のメモリより大きなメモリがあると錯覚させる技があるのです。

例えば、コンピュータにくっついている実際のメモリが10GBだったとしましょう。

物理メモリ3

普通に考えたら、同時に動かせるプログラムはメモリ10GB分ですよね?
使うメモリが6GBのプログラムと4GBのプログラムは同時に動かせます。
6GBのプログラムと5GBのプログラムは同時に動かせません。
1GB分、足りないからです。

物理メモリ4

ところがです。
使うメモリが6GBのプログラムと5GBのプログラムを同時に動かす技があるのです。

まず、使うメモリが6GBのプログラム1を起動します。
そうすると、メモリが6GB分、使われます。

物理メモリ5

次に、6GBのうち、あまり使わない1GB分をハードディスクにしまってしまいます。
最初はメモリを6GB使っていました。
これを、メモリ5GBとハードディスク1GBに分けるのです。

物理メモリ6

そうすると、メモリの空いている部分は5GBです。
メモリを5GB使うプログラム2を起動することができます。

物理メモリ7

ところで、プログラム1がハードディスクにしまった1GB分を使いたくなったら、どうしましょうね?
使うときはメモリに持ってこなくてはいけません。
ですが、メモリは10GB分、全部使っている状態です。

そんなときは、プログラム2から1GB分、ハードディスクに移します。
プログラム2はメモリを5GB使っていました。
これを、メモリ4GBとハードディスク1GBに移し替えるのです。

物理メモリ8

そうすると、メモリには1GB分の空きができます。
この空いた部分に、プログラム1で使う1GBを移します。

物理メモリ9

このような工夫と譲り合いの精神を発揮できれば、素敵です。
実際のメモリが10GBでも、合計11GBのメモリを使用するプログラムを動かせます。
これは、もう「メモリが11GBあるのと一緒」ですね。

この話において、実際のメモリは10GBです。
ですが、プログラムさんは、メモリを11GB分使っています。
「プログラムから見たメモリは11GBある」と言えるでしょう。

物理メモリ10

このときの「プログラムさんから見たメモリ」を「仮想メモリ」と言います。
11GBの方ですね。

物理メモリ11

それに対して、コンピュータにくっついている実際のメモリが「物理メモリ」です。
10GBの方です。

物理メモリ12

要するに、普通のメモリを指す用語なのですけどね。
「仮想メモリじゃないよ!実際のメモリだよ!」なニュアンスが含まれています。

物理メモリは、仮想メモリと対比させるときに登場します。
せっかくなので、物理メモリと仮想メモリは一緒に覚えてあげてください。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「物理メモリ」って単語が出てきたら「コンピュータにくっついている実際のメモリ(の大きさ)なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク