[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

ウィルス定義ファイル

pointこの用語のポイント

pointウィルスセキュリティソフトが使うカンペだよ

pointウィルスの情報が載っているよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

ウィルス定義ファイルとは

ウィルスセキュリティソフトさん用のカンペ。
もう少し、ちゃんと書くと

コンピュータウィルスの情報が載っているファイル
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。
まずは予備知識として「コンピュータウイルス」と「マルウェア」あとは「ウィルスセキュリティソフトアンチウィルスソフト)」について説明します。
「そんなの説明されなくても知ってるよ!」な人は、適当に読み飛ばしてください。

コンピュータウイルスは「コンピュータに入り込んで悪さをするプログラム」です。

ウィルス定義ファイル

マルウェアは「昔は『コンピュータウイルス』と呼ばれていた悪いプログラムの最近の呼び名」です。

ウィルス定義ファイル2

昔は悪いプログラム全般を指して「コンピュータウイルス」と呼んでいました。
それが、いつの頃からか、悪さの内容によって呼び分けがされるようになったのです。
最近では、以下のように分類することが多いように感じます。

・マルウェア:悪いことをするプログラム全般
・コンピュータウイルス:コンピュータの中身に対して悪いことをするプログラム
スパイウェア:コンピュータの中の情報をパクってどこかに送るプログラム


悪いことをするプログラム全般を「マルウェア」と呼びます。
マルウェアの分類として、コンピュータウイルスやスパイウェアがあるイメージです。

ウィルス定義ファイル3

とはいえ、細かい区別を気にする必要はありません。
説明している人によって「コンピュータウィルス」と表現していたり「マルウェア」と表現していたりすると思いますが、どちらも意図するところは「人のコンピュータに入り込んで悪いことをするプログラム」です。

ちなみに、このページでは「コンピュータウィルス」という表現を使います。
専門外の方が読んだときに一番イメージしやすいと思うからです。

コンピュータウィルスさんは人目を忍んで生きています。
こっそり他人のコンピュータに入って悪さをしまくります。

ウィルス定義ファイル4

それに対抗するために、どこかの誰かがパソコンにコンピュータウィルスが入ってこないか見張るソフトを作りました。
怪しいやつがいたら「おまえは通さん!」と通せんぼしてくれますし、もし入ってしまっても全力でやっつけてくれるソフトです。

このコンピュータウィルス撃退ソフトは「ウィルスセキュリティソフト」や「アンチウィルスソフト」と呼ばれています。

ウィルス定義ファイル5

さて、コンピュータウィルス撃退ソフトは、常にパソコンの中を監視しています。
新しいプログラムがパソコンさんに入ってくると「こいつはコンピュータウィルスじゃないかな?」と疑いの目を向けて調べてくれます。

パソコンの動きが遅くなったりして迷惑に感じることもありますけどね。
頑張ってくれているやつなのです。

ウィルス定義ファイル6

以上を踏まえて、コンピュータウィルス撃退ソフトさんが「このファイルはウィルスかな~?」を調べるときに使っているカンペが「ウィルス定義ファイル」です。

ウィルス定義ファイルには「こんなやつがコンピュータウィルスだよ」な情報が書いてあります。
コンピュータウィルス撃退ソフトさんは、ウィルス定義ファイルと調べる対象のファイルを見比べて「あっ!こいつはウィルスだ!」や「おっ、こいつはウィルスじゃないな」と判断するのです。

ウィルス定義ファイル7

何となく分かったでしょうか。

よく分からない人のために、万引き犯のピヨ太君に登場してもらいましょう。
実際のピヨ太君は万引きなんて縁がない良い子ですけどね。
みなさんのために、あえて悪役になってもらいます。

ウィルス定義ファイル8

ピヨ太君は万引き大好きっ子です。
今日も今日とて、ピヨピヨスーパーでミカンを万引きしました。

ウィルス定義ファイル9

それを知った店員さんは、近所のお店中に「ピヨ太は万引き犯だ!気を付けろ!」とお触れを出しました。
いわばブラックリストに載った状態です。

ウィルス定義ファイル10

これでピヨ太君は万引きができなくなりました。
お店に入った瞬間に、店員さんから追い出されるからです。

ウィルス定義ファイル11

この話における、万引き犯のピヨ太君がコンピュータウィルスです。
お店がパソコンです。
お店の店員さんがコンピュータウィルス撃退ソフトだと思ってください。

そして「ピヨ太は万引き犯だ!気を付けろ!」なお触れがウィルス定義ファイルです。

店員さん(コンピュータウィルス撃退ソフト)は、お店(パソコン)に入ってきた人(ファイル)とお触れ(ウィルス定義ファイル)を見比べます。
入ってきた人(ファイル)がお触れ(ウィルス定義ファイル)に載っていれば、そいつは悪いやつです。
排除します。
ウィルス定義ファイルは、そんな役割のファイルです。

ウィルス定義ファイルはウィルスの情報が書いてあるファイルです。
ウィルスは日々、新しいものが出てきています。
よって、ウィルス定義ファイルは定期的に新しいものに更新する必要があります。
新しいウィルスが世に出る度に、ウィルス定義ファイルの中に書かれているウィルス情報も増えていきます。

あと、ついでなので書いておくと、ウィルスセキュリティソフトの更新費用はウィルス定義ファイルの更新費用の位置付けです。

更新費用を払わないと新しいウィルス定義ファイルが送られてこなくなります。
新しいウィルス定義ファイルが送られてこないと、新しいコンピュータウィルスの特徴が分かりません。
結果として、ウィルスセキュリティソフトさんはコンピュータウィルスか否かの見極めができなくなります。

そんな理屈なので、すでにソフトが入っているからと安心しないでくださいね。
有効期限切れのウィルスセキュリティソフトは役立たず……とまでは言いませんが、最近新しく発見されたウィルスは見つけられない可能性があります。
できるだけ更新費用は払ってあげてください。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「ウィルス定義ファイル」って単語が出てきたら「ウィルスセキュリティソフトが使うカンペなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク