[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

パラレル通信

pointこの用語のポイント

point通信のやり方だよ

point信号の通り道が複数あるよ

point「シリアル通信」の逆だよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

パラレル通信とは

信号の通り道が複数ある通信方式のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

パラレル」は「並列・並行」の意味ね。
信号の通り道が複数ある通信方式が「パラレル通信」です。

例えば8本の通り道があったらデータさんは8人同時に相手先に向かいます。
8人同時にわ~って行くので、当然1人ずつ行くより8倍速いですよね?
その代わり相手先についたら順番通りに1列に並び直さなくてはいけません。

速いけどその分並び直すのが面倒なのが「パラレル通信」です。

ちなみに信号の通り道が1つしか無くて1人ずつ順番に相手先に行く通信方式は「シリアル通信」と言います。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「パラレル通信」って単語が出てきたら「信号の通り道が複数ある通信方式なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク