[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

ソケット (socket)

pointこの用語のポイント

pointネットワークの接続口だよ

pointもしくは、プログラムでネットワーク通信部分を担当する部品だよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

ソケット (socket)とは

プログラムとネットワークをつなげる接続口のこと
という意味で使われる場合と

プログラムでネットワーク通信部分を担当する奴等
という意味で使われる場合があるようです。

image piyo

詳しく書くよ

ややこしいなー、もう。

前者はIPアドレスポート番号がセットになったものです。

コンピュータさんを人間に例えると、コンピュータさんが脳みそで考えたことが口から出て空気を伝わって相手の耳に入ってそこから相手の脳みそに伝わります。
このときの脳みそがプログラム、空気がネットワーク、口と耳が「ソケット(socket)」です。

ソケット

後者はプログラムの話ですね。
プログラミング言語によっては「Socket関数」とかいうのがあったりします。
そいつら、もしくはそいつらと同等のことをする奴等、あるいはそいつらから呼ばれる奴等を「ソケット(socket)」と呼びます。

大丈夫!
専門家の人たちも大部分は何となくしか分かってないから。

ソケット?

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「ソケット」って単語が出てきたら「ネットワークとの接続口なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク