[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

無停電電源 (UPS)

pointこの用語のポイント

pointバッテリーだよ

point停電とかでコンピュータさんが即ブチ!するのを防ぐよ

pointあくまで影響を「一時的に」緩和するための機械だよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

無停電電源 (UPS)とは

コンピュータさん即ブチ!防止機械のこと。
もうちょっと真面目に書くと

もしもの場合に備えて、コンピュータさん用の電気がストックしてある機械のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

でっかい電池みたいなものです。
停電とかになっても、そこからある程度の電気を取れる電池が「無停電電源」です。
Uninterruptible Power Supply(アンインターうんちゃら・パワー・サプライ)」を省略して「UPS」と呼ばれる場合もあります。

無停電電源

コンピュータさんは、いきなり電源をブチッ!と切ると(運が悪いと)壊れてしまいます。
ノートパソコンは内臓バッテリーがあるのでまだ救いがありますが、デスクトップパソコンなどは外部から電気が来ないと即ブチ!です。
停電なんて起こった日には、一発で即ブチ!でしょう。
パソコンが壊れないかドキドキです。

そんなドキドキ小心者のあなたを守るためにある機械が無停電電源です。

無停電電源には、あらかじめある程度の電気をストックしておけます。
そして停電などで外部からの電気供給が途絶えても、無停電電源からパソコンさんに電気を送って即ブチ!を防ぐのです。

無停電電源2

もちろんストックしている電気にも限りはあります。
一時的な対処にしかなりません。
……が、少なくともパソコンさんを正常に終了させるだけの余裕は生まれるはずです。

誤解を招きそうな名前ですけどね。
「停電の影響なんて微塵も出ねーぜ!」という程、万能ではありません。
あくまで停電の影響を「一時的に」緩和するための機械です。
ご注意ください。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「無停電電源」って単語が出てきたら「コンピュータさん用の外部バッテリーなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク