[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

タイポ (typo)

pointこの用語のポイント

pointスペルミスだよ

pointタイプミスだよ

point語源は「typographical error(タイポグラフィカル エラー)」だよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

タイポ (typo)とは

スペルミスやタイプミスのこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

誤植を意味する「typographical error」からきています。
「『typo』graphical error」で「typo」です。

「慌てて書いたからタイポしちゃった」とか使います。
「慌てて書いたから書き間違えちゃった」の意味ね。

ただ個人的にはですね。

「type」のスペルをミスって「typo」になっちゃったー

って解釈した方が楽しいかなーと勝手に思っています。

キーボードの配列上ありえませんが「e」と「o」を打ち間違ったとかね。
ローマ字入力で「u」と「o」を打ちが間違って「タイプ」が「タイポ」になったとかね。

そう考えた方が遊び心があって楽しいじゃないですか。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「タイポ」って単語が出てきたら「タイプミスのことなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク