[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

ハードディスク (HD)

pointこの用語のポイント

pointパソコンさんの中身が入っている箱だよ

pointデータを保管する場所だよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

ハードディスク (HD)とは

パソコンさんの中身が入っている箱。
もう少し具体的に書くと

ファイルなどのデータを保管しておくパソコンさんの部品
です。

image piyo

詳しく書くよ

パソコンさんの部品の説明をするときには

ハードディスク=収納BOX
CPU=人間の脳みそ
メモリ=作業する机


と、よく例えられます。

それを踏まえて、読み進めてください。

ある日のことです。
ピヨ太君がパソコンさんに「おい、この算数の宿題をやっとけ!」と命令しました。

ハードディスク

パソコンさんは「電子計算機」と呼ばれるくらいなので、計算が得意です。
ピヨ太君は自分がやるより正確だと考えたのでしょう。

ピヨ太君に命令されたパソコンさんは、算数の問題集を机の上に広げました。
そして、脳みそからプスプス煙を出しながら、頑張って問題を解きます。

ハードディスク2

おっと、どうやら宿題が終わったようです。
パソコンさんは「終わりました!」とピヨ太君に報告しました。

ハードディスク3

報告を受けたピヨ太君は「次に使うときまでしまっておいてよ」と、パソコンさんに言いました。

ハードディスク4

それを受けて、パソコンさんは、手元にあった収納BOXに問題集を放り込みます。

ハードディスク5

この話において、パソコンさんは問題集を収納BOXに保管しました。
この収納BOXに相当するパソコンさんの部品が「ハードディスク」です。

ハードディスク6

ちなみに、パソコンさんの脳みそがCPUで、問題集を広げた机がメモリね。

ハードディスク7

ハードディスクは「ハードディスクドライブ(HDD)」とも呼ばれます。
ハードディスク(HD)とハードディスクドライブ(HDD)は、同じものと解釈して構いません。

ドライブは「外部記憶装置CDとかハードディスクとか)の中身を読み込んだり、逆に書き込んだりするやつ」です。

ですから、厳密には

・ハードディスク:箱の中身(本体)
・ハードディスクドライブ:箱の中身をいじるやつ


という違いがあります。

「箱の中身(本体)」は円盤状の部品ね。
箱の中で、ぐるぐる回転しているやつです。
この円盤状の部品がハードディスクです。

ハードディスク8

それに対して、ハードディスクドライブは、円盤状の部品に対して読み書きするやつです。
「ハードディスクを操作するのがハードディスクドライブ」と言えるかもしれません。

ハードディスク9

ただし、最近のハードディスクは、本体(円盤状の部品)と読み書きするやつが合体して1つの部品(箱型の部品)になっています。
ハードディスクであり、ハードディスクドライブでもあるのです。
よって、用語としての使い分けは、されていないのが実情です。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「ハードディスク」って単語が出てきたら「パソコンさんの中身やデータが入る箱なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク