[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

ビットマップ画像

pointこの用語のポイント

point画像だよ

pointマス目に色を塗る方式で作られているよ

point「ラスタ画像」とも呼ばれるよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

ビットマップ画像とは

マス目に色を塗って作る形式の画像のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

別名「ラスタ画像」と呼ばれます。
パソコンさんの画面はすごいマス目の細かい方眼用紙になっています。
そのそれぞれのマス目に色を置いていくことで作った画像が「ビットマップ画像」です。

例えば

■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■
■□□□■■■□□□■
■■■■■■■■■■■
■■■■■□■■■■■
■■■■■□■■■■■
■■■■■□■■■■■
■■■■■■■■■■■
■■□■■■■■□■■
■■□□□□□□□■■
■■■■■■■■■■■

みたいな奴ですね。

ちなみに「ラスタ画像」とよく対比される「ベクタ画像」は方向と距離の組み合わせで作った画像です。

例えば「1の1から5マス分右に線を引く」のように「方向」と「長さ」の組み合わせで絵を描きます。

ってな感じで説明しておいて申し訳ないのですが、普段の生活で「ビットマップ画像」って言葉が出てきたら「BMPファイル」のことだと思って良いです。
「BMPファイル」というのは拡張子が「.bmp」のファイルのことね。
「ラスタ画像」の意味で「ビットマップ画像」とはあまり言いません。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「ビットマップ画像」って単語が出てきたら「マス目に色を置いて作った画像、もしくはBMP画像のことなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク