[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

HTTP

pointこの用語のポイント

point通信プロトコルだよ

pointホームページのファイルを受け渡しするときに使うよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

HTTPとは

通信するときに使うお約束事(通信プロトコル)のひとつ
であり

インターネットをするときに使われるお約束事
です。
もう少し正確に書くと

ホームページのファイルとかを受け渡しするときに使うお約束事
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。
まずは予備知識として、通信の基本とホームページが表示される流れを説明します。
「そんなの説明されなくても知ってるよ!」な人は、適当に読み飛ばしてください。

通信をするときには、足並みを揃えなくてはいけません。
片方が日本語で話しかけたのに、もう一方が英語でお返事をしたのでは、コミュニケーションが成り立ちませんよね。

HTTP

そんな困った事態を避けるために「○○通信をするときは××なお約束事に従ってやり取りしようね」と事前に決まっています。
この通信するときに使うお約束事は「通信プロトコルプロトコル)」と言います。

まずは

通信をするときには、お約束事が必要

というのを覚えておいてください。

次に、ホームページを見るときの流れを説明します。

あなたがホームページを見るとき、まず、ホームページを見るときに使うソフトWebブラウザさん)がホームページのファイルが置いてあるコンピュータ(Webサーバさん)に「このページをおくれ」とお願いを出します。

HTTP2

そのお願いに対して、WebサーバさんからWebブラウザさんに「ほれ、そのページだよ」とお返事がきます。

HTTP3

お返事を受け取ったWebブラウザさんは、受け取ったページを画面上に表示します。

HTTP4

これがホームページを見るときの流れです。

ここで、ちょっと考えてみてください。

ホームページのファイルの受け渡しも通信です。
ということは、お約束事が必要ですね。

以上を踏まえて、ホームページのファイルを受け渡しするときに使うお約束事が「HTTP(エィチ・ティー・ティー・ピー)」です。
HyperText Transfer Protocol(ハイパーテキスト・トランスファー・プロトコル)」の略で「HTTP」です。

HyperText(ハイパーテキスト)は、ホームページのファイルのことだと思ってください。
Transfer(トランスファー)の意味は「移動」です。
Protocol(プロトコル)は(通信する上での)お約束事です。

単純にくっつけると

ホームページのファイルとかを移動するときに使う(通信上の)お約束事

となります。

ホームページのファイルをやり取りするのは、インターネットを使っているときです。
よく分からない人は

インターネットをするときに使うお約束事

と解釈しても、かまいません。

実際には、インターネットをするときには、いろいろなお約束事が使われます。
HTTPは、その中のひとつです。
ですから、正確には、インターネットをするときに使うお約束事「のひとつ」ですけどね。

まずは、大雑把に「インターネットをするときに使うお約束事なのね」と解釈して、かまいません。
その後で余裕ができたら「ホームページのファイルを受け渡しするためのお約束事なのね」と理解してください。

なお、HTTPでやり取りするときは、通信の内容が暗号化されません。
悪い人が途中で盗み見ると、やり取りする内容がバレてしまいます。

HTTP5

そこで「やり取りする内容を暗号化する、HTTPと似ているお約束事」が作られました。
それは「HTTPS」と言います。

HTTPSでは通信の内容が暗号化されます。
悪い人が途中で盗み見ても、やり取りする内容がバレにくい理屈です。

HTTP6

できれば、HTTPとHTTPSはセットで覚えてあげてください。
HTTPが少し安全になったのがHTTPSです。
使いどころは同じです。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「HTTP」って単語が出てきたら「ホームページのファイルを受け渡しするときに使うお約束事なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク