[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

PNG

pointこの用語のポイント

point画像ファイルの形式だよ

pointGIFの代わりをするために生まれたよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

PNGとは

画像ファイルの形式の一つ
であり

画像ファイルの圧縮形式で、GIFの代わりをするために生まれたやつ
です。

image piyo

詳しく書くよ

画像ファイルの形式にはBMP.bmp)、JPEG.jpg)、GIF.gif)など、いくつかの種類があります。

PNG

そのいくつかある種類の中の一つが「PNG」です。

「PNG」の由来は「Portable Network Graphics(ポータブル・ネットワーク・グラフィックス)」らしいですが、別に覚える必要はありません。
ファイル拡張子は「.png」にするのが一般的です。

PNG2

PNGは「画像ファイルの形式」と書きました。
もう少し正確に書くと、PNGは、画像圧縮形式を指す用語です。

急に「圧縮形式」とか言われても、よく分かりませんよね。
大丈夫です。
順番に見ていきます。

まず、圧縮されていない画像形式は「BMP(ビットマップ)」と言います。
サイズが結構大きいです。

PNG3

もう少しコンパクトにして扱いたいときは、それをキュっと潰します。

PNG4

どうやって?
どうやって潰しましょうか?

実は、潰し方は1つではありません。
いろいろあります。

PNG5

そのいろいろある潰し方の1つがPNGです。

普通のファイルを圧縮するときも「zip」や「lzh」など、やり方がいろいろありますよね。
それと同じイメージです。

PNGは、GIFの代わりとして開発されました。

GIFは、一時期、特許関係の問題でごねごねしていたのです。
その際に、GIFの代わりとなるべく開発されたのがPNGです。

PNGは、圧縮率や色数などの面でGIFより融通がききます。
その代わり、アニメーションはできません。
それがPNGの特徴です。

PNGの使いどころはGIFとほぼ同じです。
ロゴマークやアイコン保存する際に、よく使われます。

また、圧縮されていない画像ファイルに比べて、ファイルサイズ(ファイルの大きさ)が小さくなります。
そのため、ホームページに使う画像として、よく利用されます。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「PNG」って単語が出てきたら「GIFの後継者なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク