[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

営業外費用

pointこの用語のポイント

point本業以外で発生した支出だよ

pointある程度は想定できる支出だよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

営業外費用とは

借金の利子のように、本業以外で発生した(ある程度は想定できる)支出のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

別にIT用語というわけでもないですけどね。
某・資格試験の過去問に会計関連の用語がちょいちょい出てくるので取り上げておきます。

順番に見ていきましょう。
まずは予備知識として「費用(ヒヨウ)」について簡単に説明します。
「そんなの説明されなくても知ってるよ!」な人は、適当に読み飛ばしてください。

商売をしていると、お金が動きます。
このお金は

1.入ってくるお金
2.出ていくお金


の2つに分けられます。

営業外費用

この2つのうち

2.出ていくお金

をカッコ付けて言った表現が「費用(ヒヨウ)」です。

営業外費用2

以上を踏まえて、本題に入ります。

商売をやっていて出ていくお金は

1.本業で発生した支出
2.本業以外で発生した(ある程度は想定できる)支出
3.1回かぎりの臨時的な支出


のどれかに分類されます。

営業外費用3

この3つのうち

2.本業以外で発生した(ある程度は想定できる)支出

をカッコ付けて言った表現が「営業外費用(エイギョウガイヒヨウ)」です。

営業外費用4

ちなみに

1.本業で発生した支出

は「売上原価(ウリアゲゲンカ)」と呼ばれる支出と「販売費及び一般管理費(ハンバイヒオヨビイッパンカンリヒ)」や「販管費(ハンカンヒ)」と呼ばれる支出が該当します。

営業外費用5

残りの

3.1回かぎりの臨時的な支出

は「特別損失(トクベツソンシツ)」です。

営業外費用6

※実際のところ、特別損失は、その他の費用項目とは少しだけニュアンスが違います。……が、そこら辺のあれやこれやを気にすると話がややこしくなるので今回は気にしないことにします。気になる人は用語「特別損失」の説明を、ご覧ください。

気が向いたら全部まとめて覚えてあげてください。

営業外費用7

営業外費用は「本業に関する支出ではないけど、ある程度、発生することが想定できる支出」です。
借金の利子などが該当します。

例えば、そうですね。

ピヨ太君は、ぴよぴよケーキショップの店長さんです。
材料を仕入れて、作ったケーキを売って、暮らしています。

営業外費用8

ピヨ太君はケーキを1個作りました。
ケーキを作るのにかかった費用は10円です。

営業外費用9

作ったケーキはピヨ子さんに売りました。

営業外費用10

また、ピヨ太君はピヨ子さんからお金を借りています。
その利子を毎月1円ピヨ子さんに払っています。

営業外費用11

おっと、ピヨ太君はピヨ太ママからもらったおこづかいの100円を落としてしまいました。
なんてこったい。

営業外費用12

この話において、ケーキを作るのにかかった費用10円は「売上原価」です。
ピヨ太君はケーキ屋さんをやっています。
ケーキを作るのにかかった10円は本業で発生した支出です。

営業外費用13

ピヨ子さんに払っている1円の利子が「営業外費用」です。
ピヨ太君の本業はケーキ屋さんです。
ピヨ子さんに払っている利子はケーキを作ったり売ったりするときに発生した支出では、ありません。
本業以外で発生した(ある程度は想定できる)支出です。

営業外費用14

ピヨ太君が落とした100円は「特別損失」です。
落としたお金は本業で発生した支出ではありません。
定期的に発生する支出でもありません。
1回かぎりの臨時的な支出です。

営業外費用15

繰り返しになりますが、商売で発生する支出は

1.本業で発生した支出:売上原価や販管費
2.本業以外で発生した(ある程度は想定できる)支出:営業外費用
3.1回かぎりの臨時的な支出:特別損失


のどれかに分類されます。

せっかくなので全部まとめて覚えてあげてください。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「営業外費用」って単語が出てきたら「本業以外で発生した(ある程度は想定できる)支出のことなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク