[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

TSV

pointこの用語のポイント

pointテキストデータだよ

point項目間がタブ区切りになってるよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

TSVとは

各項目間が「タブ」で区切られている書式のこと(TSV形式)。
あるいは

各項目間が「タブ」で区切られている文字データのこと(TSVデータ)。
あるいは

各項目間が「タブ」で区切られている文字データが入っているファイルのこと(TSVファイル)
です。

image piyo

詳しく書くよ

例えば

項目1【タブ】項目2【タブ】項目3

のように項目間を「タブ」で区切るのが「TSV」です。
Tab Separated Values(タブ・セパレーティド・ヴァリューズ)」の略で「TSV」だそーな。
CSV」のカンマがタブになった版ですね。

それを踏まえて、項目間をタブで区切る書式を「TSV形式」と言います。

項目間をタブで区切る書式になっているデータは「TSVデータ」です。

中身が、項目間をタブで区切る書式になっているテキストファイル(中身が文字だけのファイル)は「TSVファイル」と言います。

「TSV形式」「TSVデータ」「TSVファイル」のそれぞれを、省略して「TSV」と表現する場合があります。

つまり、単に「TSV」と言った場合は

・書式
・データ
・ファイル


のどれかです。
本来の意味で言えば「書式」ですが「データ」や「ファイル」を意図して「TSV」と言う場合も少なくはありません。
どれを指しているかは、前後の文脈から判断してください。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「TSV」って単語が出てきたら「CSVのタブ版(項目間がタブで区切られている)なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク