[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

SSL/TLS

pointこの用語のポイント

pointSSLもしくはTLSだよ

point「/」は「アンド(and)」じゃなくて「オア(or)」だよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

SSL/TLSとは

「SSL、もしくはTLSだよ!」の意味。
もう少し具体的に書くと

通信するときのお約束事のひとつ
であり

インターネットで暗号化通信をやるときに使うお約束事である「SSL」……か、その後継者である「TLS」だよ!の意味
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。
まずは予備知識として

通信プロトコルプロトコル
SSL
TLS


について説明します。
「そんなの説明されなくても知ってるよ!」な人は、適当に読み飛ばしてください。

通信プロトコルプロトコル)は「通信するときに使うお約束事」です。

通信をするときには、足並みを揃える必要があります。
片方が日本語で話しかけたのに、もう一方が英語でお返事をしたのでは、コミュニケーションが成り立ちませんよね。
それと同じです。

SSL/TLS

そこで「○○通信をするときは××なお約束事に従ってやり取りしようね」と事前に決まっています。
言い方を変えると

通信をするときには、お約束事が必要

なのです。

この「通信するときに使うお約束事」を「通信プロトコル(プロトコル)」と言います。

SSL/TLS2

SSLは「インターネット上の通信を暗号化するための仕組み」です。
最後が「P」じゃありませんが、その正体は通信プロトコルです。

SSL/TLS3

インターネットをするときは線の中を情報がうねうね通りますが、線の中を通ってる間に情報がパクられたり盗み見られたりする恐れがあります。
「そんなことは、させない!」と熱く正義の心を燃やしても良いのですが、賢い人たちは一味違いました。

見られても実害がないようにすれば良いんじゃね?

と考えたのです。

彼等は、情報を送るときにメチャクチャにして、受け取ったときに元に戻せる方法を考えました。
そうすれば、途中でパクられようと、盗み見られようと、悪い人の手元に行くのはメチャクチャな情報です。
悪用しようにもメチャクチャなので、できません。

ざまーみろ、ばーか、ばーか。

そのような理念から生まれたのがSSLです。

SSL/TLS4

ごめんなさい。
ちょっと適当なことを書きました。
実際に何を考えて生み出したのかは分かりません。

ただし

・通信内容を暗号化する
・だから盗み見られても大丈夫


というのは本当です。

TLSは「SSLの後継者的ポジションのやつ」です。

SSLは最初「SSL 1.0」でした。

SSL/TLS5

あれやこれやがあって「SSL 2.0」になりました。
バージョンアップしたわけです。

SSL/TLS6

さらに、あれやこれやがあって「SSL 3.0」になりました。

SSL/TLS7

さらに、あれやこれやがあって「SSL 4.0」……と見せかけて「TLS 1.0」になりました。
この時点でSSLの歴史は終了です。
SSLは「SSL 3.0」で滅びました。
以降、その役割はTLSに受け継がれています。

SSL/TLS8

実際には少し違いますが、イメージは、そんな感じです。
2017年現在の状況では「SSL」と言ったら、実際には「TLS」を指している場合が多いはずです。

SSL/TLS9

とはいえ「TLS」と言われても、あまり馴染みがありませんよね。

当時の人も同じように考えたのでしょう。
実際には「TLS」ですが「SSL」と表現されることも少なくありません。

以上を踏まえて「SSLだよ!もしくはTLSだよ!」を意図する表現が「SSL/TLS」です。
「/」は「オア(or)」を意図しています。

SSL/TLS10

繰り返しになりますが、SSLの歴史は3.0で終わり、その役割はTLSが受け継ぎました。
ですが、TLSを指して「SSL」という表現が使われることもあります。
ですが、実際にはTLSです。
ですが、TLSを指して「SSL」という表現が……。

あぁ、もう!

だったら、両方とも書いておけば良いじゃない!

ということで生まれたであろう表現が「SSL/TLS」です。
意図するところは「SSL(TLS)」あるいは「TLS(SSL)」と同じです。

ここまでの説明を読んで「そんなの字面を見れば何となく分かるでしょ。なんで、わざわざ説明を書いたのよ。用語数稼ぎか?ズルっ子め!」と思う人もいるでしょう。
用語数稼ぎうんぬんは否定しませんが、取り上げた理由は「TCP/IP」という用語があるからです。

TCP/IPは「インターネット通信用のお約束事」です。
それはいいのですが、この用語の意図するところは「TCPIP」です。
TCP/IPの「/」は「アンド(and)」を意図しています。

SSL/TLS11

用語によって「/」は「オア(or)」になったり「アンド(and)」になったりします。
一応、頭の片隅にでも置いておいてください。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「SSL/TLS」って単語が出てきたら「SSL『もしくは』TLSだよ!の意味なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク