[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

通信経路

pointこの用語のポイント

point通信するときのデータの移動経路だよ

point単に「経路」と表現される場合もあるよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

通信経路とは

通信における、データが出発してから相手に到着するまでの道筋のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

通信」+「経路」で「通信経路」です。

通信経路

通信は「情報を伝えること」ね。

通信経路2

経路は「道筋」です。
「あっちに行って、こっちに行って、そっちに行くと目的地に着くよ」です。

通信経路3

以上を踏まえて「通信において、送り出されたデータが相手に届くまでの道筋」が「通信経路」です。
例えば「ピヨ太君のパソコンから送り出されたデータは、どのような道筋を通ってピヨ子さんのパソコンに辿りついたのかな?」を意図して「ピヨ太パソコンからピヨ子パソコンへの通信経路は?」と言ったりします。

通信経路4

ネットワークの世界は一本道ではありません。
いろいろな道が複雑に絡み合っています。

通信経路5

つまり

目的地にたどり着く道筋も1つではない

のです。
いろいろな行き方があります。

通信経路6

ということは「この通信では、送り出されたデータは、どんな道筋を通って相手にたどり着いたんだい?」を知りたいこともあるでしょう。
そのような話で登場する「道筋」をカッコ付けて言った表現が「通信経路」です。

ちなみに、省略して単に「経路」と表現されることもあります。
ネットワークの話で「経路」と出てきた場合は「通信経路」を意図しているはずです。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「通信経路」って単語が出てきたら「送り出されたデータが相手に届くまでの道筋なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク