[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

光回線

pointこの用語のポイント

point回線だよ

point材質は光ファイバーだよ

point理屈上は電話線より「遠く」まで「速いスピード」で「たくさんのデータ」を送れるよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

光回線とは

光通信をするときに使う線
であり

素材が光ファイバーで、中を光信号が通る通信回線のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。
まずは予備知識として

光信号
光ファイバー
光通信


について簡単に説明します。
「そんなの説明されなくても知ってるよ!」な人は、適当に読み飛ばしてください。

光信号は「ピカっ!な光で情報を伝える信号」です。

光回線

光ファイバーは「ピカっ!な光信号が中を通る、通信用の線」です。
線の中を、光信号さんが、えっちらおっちら駆け抜けます。

光回線2

光通信は「データを光信号に変換して行う通信方式」です。
2017年時点の状況ですが、単に「通信」と言った場合、一般的には電気を使う電気通信を指します。
光通信では電気の代わりに光を使います。

光回線3

以上を踏まえて、光通信をするときに使う線が「光回線」です。

光回線4

光回線は、素材が光ファイバーな通信回線です。
普通のケーブルは中を電気が通りますが、光回線の中は光が通ります。

私も詳しいことは知りませんが、光回線はISDNADSLなどと比べて信号の減衰やノイズの干渉による影響が少ないそうです。
そのため、理屈上は「遠く」まで「速いスピード」で「たくさんのデータ」を送れます。

ちなみに、半分余談ですが、ISDNやADSLから光回線に変えればインターネットが速くなるかと言えば必ずしもそうとは言えません。
パソコンさんの性能とかに影響されるからです。

電話線や光ファイバーな線(回線)は「道路」のイメージです。
それに対して、パソコンさんは「車」に相当します。

光回線5

ADSLが一般道だとしたら、光回線は高速道路です。
光回線の方が、ぶっ飛ばせます。
だから一般的に「ADSLよりも光の方が速い」と言われます。

光回線6

ただし、走るのは車です。
いくら普通の道路を高速道路に変えたからと言って、車がショボかったら出せるスピードには限界があります。

光回線7

回線を変えてデータのやり取りが速くなったとしても、受け取ったデータを処理するところで時間がかかれば同じです。
パソコンさんの性能がショボければ、結局、動きはモタモタします。

回線はインターネットの速さを決める要素のひとつですが、それがすべてではありません。
ご注意ください。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「光回線」って単語が出てきたら「光通信をするときに使う線なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク