[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

application/vnd.openxmlformats-officedocument.presentationml.presentation【MIMEタイプ】

pointこの用語のポイント

pointファイルの種類を表す情報だよ

point「(PowerPoint2007以降の)PowerPointのファイル」を表現しているよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

application/vnd.openxmlformats-officedocument.presentationml.presentation【MIMEタイプ】とは

メールやホームページのファイルにくっつけて送られる「このファイルは、こんな種類のファイルですよ」な情報(MIMEタイプ)のひとつ
であり

「このファイルは(PowerPoint2007以降の)PowerPointのファイルですよ」を意図した表現
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。
まずは予備知識として

拡張子
PowerPoint(Microsoft PowerPoint)
MIMEタイプ(マイムタイプ)


について説明します。
「そんなの説明されなくても知ってるよ!」な人は、適当に読み飛ばしてください。

拡張子は「ファイル名の最後にくっついているファイルの種類を表す目印」です。
「hoge.txt」の「.txt」ように、ファイル名の一番右に「.(ドット)」と一緒にくっついている目印です。
ファイルの種類を表現しています。

application/vnd.openxmlformats-officedocument.presentationml.presentation

拡張子は、実際にはファイル名の一部です。

任意の名前(hoge)+拡張子(.txt)

で1つのファイル名になります。

application/vnd.openxmlformats-officedocument.presentationml.presentation2

PowerPointは「Microsoft PowerPoint」の省略表現で「マイクロソフトさんが作ったプレゼンテーション用の資料作成ソフト」です。
Microsoft Office」と呼ばれる製品のひとつです。

application/vnd.openxmlformats-officedocument.presentationml.presentation3

PowerPointの中身はPowerPoint2003以前とPowerPoint2007以降で結構違います。
PowerPoint2003がPowerPoint2007になるタイミングでガッツリと見直しが入ったのです。

パッと見で分かりやすい違いはファイルの拡張子でしょう。
PowerPoint2003以前のPowerPointファイルに付く拡張子は「.ppt」でした。
PowerPoint2007以降のPowerPointファイルは何も考えないで保存すると「.pptx」になります。

application/vnd.openxmlformats-officedocument.presentationml.presentation4

MIMEタイプは「ファイルの種類を表す情報」です。
これは今回の説明の肝です。
少し詳しく説明しておきます。

メールを送るとき、コンピュータ間でメールのファイルが受け渡しされます。

application/vnd.openxmlformats-officedocument.presentationml.presentation5

このとき、メールのファイルには「このファイルは、こんな種類のファイルですよ」な情報がくっついています。
例えば「普通のテキストですよ」や「HTMLファイルな感じです」などです。

application/vnd.openxmlformats-officedocument.presentationml.presentation6

「このファイルは、こんな種類のファイルですよ」な情報がMIMEタイプです。

application/vnd.openxmlformats-officedocument.presentationml.presentation7

ホームページを表示するとき、ホームページのファイルが置いてあるコンピュータ(Webサーバ)からホームページを見るときに使うソフトWebブラウザ)に対して、ホームページのファイルが渡されます。

application/vnd.openxmlformats-officedocument.presentationml.presentation8

このとき、ホームページのファイルには「このファイルは、こんな種類のファイルですよ」な情報がくっついています。
例えば「HTMLファイルですよ」や「画像です」などです。

application/vnd.openxmlformats-officedocument.presentationml.presentation9

「このファイルは、こんな種類のファイルですよ」な情報がMIMEタイプです。

application/vnd.openxmlformats-officedocument.presentationml.presentation10

実際には「くっついている」と表現するよりも「一緒に送られる」と表現した方が正確かもしれませんけどね。
そこら辺は、ゆるく解釈してください。
メールヘッダ(メールの場合)やHTTPレスポンスヘッダ(ホームページのファイルの場合)と呼ばれる場所に付与される情報です。

MIMEタイプの形式は

ファイルの分類/ファイルの種類

になっています。

例えば「text/plain」というMIMEタイプがあります。
これは

「text」に分類される「plain」なファイル

を意味しています。

application/vnd.openxmlformats-officedocument.presentationml.presentation11

「text」はテキストです。
文字情報です。

「plain」は「飾り気のない」とか、そんな意味です。
プレーンヨーグルトのプレーンです。

つまり「text/plain」は

ふっつーのテキストファイル

を意味しています。

MIMEタイプは「text/plain」以外にもあります。
いろいろ、あります。
覚えきれないくらい、あります。

以上を踏まえて、いろいろあるMIMEタイプのひとつで「これは(PowerPoint2007以降の)PowerPointのファイルですよ!」を意味するMIMEタイプが「application/vnd.openxmlformats-officedocument.presentationml.presentation」です。

調べたわけではないので推測ですが「application」は、おそらく「アプリケーションアプリケーションソフトウェア)」からきているのでしょう。
アプリケーションは「(OS以外の)ソフト」です。

「vnd」は、おそらく「ベンダ」の省略です。

「openxmlformats-officedocument」は多分「XMLフォーマットなOfficeドキュメントだよ!」と言っています。
XMLうんぬんが登場したのはPowerPoint2007以降なので、これは「Office2007以降だよ!」ということを表現しているはずです。

「presentationml.presentation」は「PowerPointだよ!」と言っています……多分。
「presentation(プレゼンテーション)」とか書いてあるので、おそらく、そうでしょう。

つまり「application/vnd.openxmlformats-officedocument.presentationml.presentation」は

「アプリケーション」に分類される「Office2007以降のPowerPoint」なファイル

を表現しています。

回りくどく説明しましたが、要するに

(PowerPoint2007以降の)PowerPointで使うファイル

を表しているMIMEタイプです。

application/vnd.openxmlformats-officedocument.presentationml.presentation12

それにしても、くそ長ったらしいMIMEタイプですね。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「application/vnd.openxmlformats-officedocument.presentationml.presentation」って単語が出てきたら「(PowerPoint2007以降の)PowerPointのファイルなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク