[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

ブロッキングI/O (blocking I/O)

pointこの用語のポイント

point入出力のやり方だよ

point入出力中は処理が止まるよ(入出力が終わるのを待ってるよ)

point「ノンブロッキングI/O」の逆だよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

ブロッキングI/O (blocking I/O)とは

「寂しいから待っててよ~」方式のこと。
もう少し真面目に書くと

入出力中は他の処理を行わないで入出力が終わるのを待っているI/Oのこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

不器用なお父さんのように、入出力中は他の処理が進められないI/Oが「ブロッキングI/O」です。
「I/O」は「入出力」の意味ね。「外(他のプログラムとか)との接点」くらいのイメージです。

入出力の最中、プログラムさんは他のお仕事をしません。
入出力が終わるまでじーっと待っています。

そのように「入出力が終わるまで他の処理が一旦止まる」方式を「ブロッキングI/O」と言います。
聞く機会は多くないと思いますが「ノンブロッキングI/O」と対比するときによく登場する言葉です。

ちなみに「ブロッキング通信」も「ブロッキングI/O」の一種ですよ、多分。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「ブロッキングI/O」って単語が出てきたら「やってる最中は他の処理をしないで待っている入出力なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク