[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

ディジタル鑑識

pointこの用語のポイント

point「ディジタルフォレンジック」のことだよ

point犯罪の証拠探しだよ

pointコンピュータの世界で行うよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

ディジタル鑑識とは

「ディジタルフォレンジック」のこと。
つまり

犯罪の証拠探し(鑑識とか科学捜査っぽいこと)をコンピュータの世界で行うこと
です。
もう少し具体的に書くと

犯罪捜査を目的としてコンピュータの中にあるデータや通信の記録などを調べる手法とか技術とかのこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

※このページの説明は「デジタル鑑識」の説明と、ほとんど同じです。既に「デジタル鑑識」の説明をご覧になった方は、読んでもあまり意味は無いと思います。項目を分けているのは、大人の事情によるものです。検索機能がですね。「デジタル」と「ディジタル」の表記ゆれを拾ってくれないのですよ。

最初に留意事項です。
ディジタルフォレンジック」と言われて「あぁ、アレのことね」と分かる方は、ここから先を読む必要はありません。
ディジタルフォレンジックを日本語に意訳したのが「ディジタル鑑識」です。

ディジタル鑑識

「ディジタルフォレンジックって一体何よ?美味しいの?」な人は、このまま読み進めてください。
用語の中身について説明していきます。

ちょっと休憩

それでは行ってみましょう。
まずは予備知識として「ディジタルフォレンジック」について説明します。

ディジタル」+「フォレンジック」で「ディジタルフォレンジック」です。

ディジタル鑑識2

ディジタルは、ここでは「コンピュータの世界」と解釈してください。

フォレンジックは「法医学の」とか「法廷の」とか、そんな意味です。
ちょっと意訳して「鑑識」と読み替える人もいます。

鑑識は、大雑把に言えば「犯罪の証拠探し」です。
指紋や血痕を調べたり、髪の毛が落ちていないか調べたりして、犯罪の証拠を集めます。

ディジタル鑑識3

この証拠探しをコンピュータの世界で行うのが「ディジタルフォレンジック」です。
具体的には、インターネットの通信記録を調べたり、コンピュータの中に入っているデータを調べたりして、悪いことや悪いやつの痕跡を探して集める行為です。

ディジタル鑑識4

別に難しく考える必要は、ありません。

犯罪が起きれば、警察は捜査をしますよね。
捜査の一環として犯人につながる証拠集めをします。
その証拠集めの対象をコンピュータの世界に広げただけです。

犯罪捜査カテゴリの中に鑑識があります。

ディジタル鑑識5

鑑識カテゴリの中に「現実世界で行う鑑識」と「コンピュータ世界で行う鑑識」の2つがあります。
現実世界で行う鑑識は、指紋を調べたりです。
コンピュータ世界で行う鑑識は、通信記録を調べたりです。

ディジタル鑑識6

コンピュータ世界で行う鑑識がディジタルフォレンジックです。

ディジタル鑑識7

以上を踏まえて、上でも書きましたが、ディジタルフォレンジックを日本語に意訳したのが「ディジタル鑑識」です。
「ディジタルフォレンジック」と「ディジタル鑑識」は同じ意味の用語だと思ってください。

ディジタル鑑識8

なんとなく「ディジタル鑑識」の方が中身をイメージしやすい気はしますけどね。
一般的なのは「ディジタルフォレンジック」の方です。
頑張って「ディジタルフォレンジック」という用語も覚えてあげてください。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「ディジタル鑑識」って単語が出てきたら「コンピュータの世界で行う、犯罪の証拠探しなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク