[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

ノンブロッキングI/O (non-blocking I/O)

pointこの用語のポイント

point入出力のやり方だよ

point入出力中も並行して他の処理が進むよ

point「ブロッキングI/O」の逆だよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

ノンブロッキングI/O (non-blocking I/O)とは

「ここは俺に任せて、お前らは先に行け!」方式のこと。
もう少し真面目に書くと

入出力中も他の処理を並行して進めることができるI/Oのこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

主婦のように入出力と他の処理を並行して進められるI/Oが「ノンブロッキングI/O」です。
「I/O」は「入出力」の意味ね。「外(他のプログラムとか)との接点」くらいのイメージです。

入出力の最中もプログラムさんは他のお仕事をします。

しかしプログラムさんも薄情ものではありません。
先に行って他のお仕事をしますが、入出力の結果が出ないとできないお仕事になると、ちゃんと待っててあげるのです。

そのように「入出力中も他の処理を行うけど、入出力が完了しないとできない処理になった場合はそこで待っててもらう」方式を「ノンブロッキングI/O」と言います。

ちなみに「ノンブロッキング通信」も「ノンブロッキングI/O」の一種ですよ、多分。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「ノンブロッキングI/O」って単語が出てきたら「やってる最中も並行して他の処理が進む入出力なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク