[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

GtoG

pointこの用語のポイント

point商取引に関する用語だよ

point政府間や自治体間のやり取りだよ

point「G2G」と表現されることもあるよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

GtoGとは

政府間や自治体間で行われるやり取りのこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。
まずは以下の内容を丸暗記してください。

-由来意味
BBusiness(ビジネス)会社
CConsumer(コンシューマ)個人
GGovernment(ガーバメント)政府・自治体


「B」は「Business(ビジネス)」の頭文字です。
会社を意味します。

GtoG

「C」は「Consumer(コンシューマ)」の頭文字です。
Consumerの意味は「消費者」ですが、今回は「個人」と表現します。
理由は「消費者」よりも「個人」と書いた方が簡単そうに見えるからです。

GtoG2

「G」は「Government(ガーバメント)」の頭文字です。
Governmentの意味は「政府」です。
今回は「政府や自治体」と解釈してください。

GtoG3

さて、ビジネスの世界には「BtoB(ビー・トゥ・ビー)」という用語があります。
BtoBは「会社が会社を相手に行う商売」です。
Business to Business(ビジネス・トゥ・ビジネス)」の略で「BtoB」ね。
小難しい言い方をすると「企業間取引」です。

GtoG4

先ほど説明した「B」が出てきましたね。
繰り返しになりますが「B」は「Business(ビジネス)」の頭文字です。
「BtoB」は「会社 対 会社」を意図しています。

ビジネスの世界には「BtoC(ビー・トゥ・シー)」という用語もあります。
BtoCは「会社が一般消費者(個人)を相手に行う商売」です。
Business to Consumer(ビジネス・トゥ・コンシューマー)」の略で「BtoC」ね。
小難しい言い方をすると「企業対消費者間取引」です。

GtoG5

先ほど説明した「C」も出てきましたね。
しつこいですが「C」は「Consumer(コンシューマ)」の頭文字です。
「BtoC」は「会社 対 個人」を意図しています。

以上を踏まえて「政府間や自治体間で行われるやり取り」が「GtoG(ジー・トゥ・ジー)」です。
Government to Government(ガーバメント・トゥ・ガーバメント)」の略で「GtoG」ね。

GtoG6

先ほど説明した「G」が出てきましたね。
念のために書いておくと「G」は「Government(ガーバメント)」の頭文字です。
「GtoG」は「政府 対 政府」や「自治体 対 自治体」を意図しています。

私も詳しいことは知りませんが、例えば日本とアメリカで商談?をしたり、ピヨ太市役所とピヨ子市役所で情報をやり取りしたりするのを指すのでしょうね。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「GtoG」って単語が出てきたら「政府(自治体)間のやり取りなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク