[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

インターネットプロトコル (internet protocol)

pointこの用語のポイント

point通信プロトコルだよ

pointインターネット通信用のお約束事だよ

pointTCPとセットで使われるよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

インターネットプロトコル (internet protocol)とは

いわゆる「IP」のこと。
つまり

通信するときに使うお約束事(通信プロトコル)のひとつ
であり

インターネットっぽい通信をするときに使うお約束事
です。

image piyo

詳しく書くよ

「インターネット」+「プロトコル」で「インターネットプロトコル」です。

インターネットプロトコル

インターネットは……あーだこーだ。
「インターネット」で通じますよね。

プロトコルは「通信プロトコル」の省略表現です。
通信する上でのお約束事」を意味します。
これは少し補足しておきましょう。

通信をするときには、足並みを揃える必要があります。
片方が日本語で話しかけたのに、もう一方が英語でお返事をしたのでは、コミュニケーションが成り立ちませんよね。
それと同じです。

インターネットプロトコル2

そこで「○○通信をするときは××なお約束事に従ってやり取りしようね」と事前に決まっています。
言い方を変えると

通信をするときには、お約束事が必要

なのです。

この「通信するときに使うお約束事」を「通信プロトコル(プロトコル)」と言います。

インターネットプロトコル3

以上を踏まえて、いろいろある通信プロトコルのひとつで、インターネットっぽい通信をするときに使うお約束事が「インターネットプロトコル」です。
そのまんまな説明ですね。

もったいぶった書き方をしましたが、いわゆる「IP」と呼ばれているやつです。
IPアドレス」の「IP」ですね。
IPは「Internet Protocol(インターネット・プロトコル)」の省略です。

インターネットプロトコル……と書くのも長ったらしいですね。
以降は「IP」と表現します。

IPは、文字通り、インターネット用のお約束事です。
インターネットっぽい通信をするときに使います。

ただし、実はIPだけでは上手く通信できません。
力不足なのです。

そこで、足りないところは「TCP」と呼ばれるお約束事にフォローしてもらっています。

インターネットプロトコル4

よって、IP単独で登場する機会は多くありません。
TCPとセットで「TCP/IP」のような形(表記)で登場するのが一般的です。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「インターネットプロトコル」って単語が出てきたら「インターネット用のお約束事なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク