[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

主系

pointこの用語のポイント

point普段から動いている方だよ

point予備と対比するための呼び名だよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

主系とは

予備を用意しながら動かしているシステムにおける、普段から頑張って動いている方のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

実際にはシステムに限った話でもないですけどね。
「普段から動いている方」が「主系(シュケイ)」です。

システムというのは勝手に止まったら大変です。
お仕事も止まってしまいます。
システムが止まったら、そのシステムを作った人は、めっちゃ怒られるでしょう。

主系

そこで、大事なシステムになればなるほど、予備を用意しておきます。

主系2

おっと、普段から動いているやつが壊れてしまいました。

主系3

でも大丈夫です。
ささっと予備に切り替えれば、そのまま、お仕事を続けられます。

主系4

これで安心ですね。

このように、止まるとマズいシステムは予備を用意しておくのが一般的です。

さて、ここまでの話で

1.普段から動いているやつ
2.予備として用意されているやつ


の2つが登場しました。

主系5

この2つのうち

1.普段から動いているやつ

を指す呼び名のひとつが「主系」です。

主系6

「呼び名『のひとつ』」と表現したのは、他にも呼び名があるからです。
例えば「稼働系」や「本番系」などとも呼ばれます。
どの呼び方をするかは、お仕事現場の文化次第です。

主系7

ちなみに

2.予備として用意されているやつ

の方は「副系」とか「従系」とか「待機系」とか「予備系」とか呼ばれます。

主系8

気が向いたら、併せて覚えてあげてください。

それにしても、いろいろな呼び名があって、面倒くさいですね。

基本的に、普段から動いているやつと予備はセットで登場します。
予備あるところに普段から動いているやつあり!です。

ですから、呼び名も対比されます。

私個人の感覚では

・主系←→従系
・主系←→副系
・稼働系←→待機系
・本番系←→待機系
・稼働系←→予備系
・本番系←→予備系


のような対比のされ方が多いように感じます。

例えば「稼働系←→副系」のような対比の仕方は、少しだけ違和感を覚えます。
別に間違いだとは言いませんけどね。
「主」といえば「副(従)」だし「稼働」といえば「待機」となるのが自然な気がします。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「主系」って単語が出てきたら「普段から動いている方なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク