[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

デュプレックスシステム (duplex system)

pointこの用語のポイント

point2台用意するよ

point片方は予備だよ

point1台目が壊れたら2台目が動くよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

デュプレックスシステム (duplex system)とは

同じ物を2台用意して、1台にはお仕事をさせて、もう1台には壊れたときの予備として待機させているから「1台だけでやってるよりも、なんか安心できそうだね!」になっているシステムのこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

ものすごい大雑把に言えば「予備が用意してあるシステム」が「デュプレックスシステム」です。

まず、同じ物を2台用意します。
完全に同じ物とは、かぎりませんけどね。
少なくとも、同じお仕事ができるやつです。

デュプレックスシステム

2台のうち、1台がシステムとしてやるべき仕事を頑張ってやります。

デュプレックスシステム2

もう1台は、ぼーっとします。
もとい、壊れたときの予備として待機します。

デュプレックスシステム3

おっと、お仕事をしていたやつが力尽きてしまいました。

デュプレックスシステム4

ですが、お仕事は止めません。
待機していた予備が引き継いで仕事を続けます。

デュプレックスシステム5

そんなシステムです。

デュプレックスシステム6

一口に「デュプレックスシステム」と言っても、いくつかのやり方があります。
よくデュプレックスシステムの説明で取り上げられるのは、以下の3つです。

1.ホットスタンバイ
2.ウォームスタンバイ
3.コールドスタンバイ


それぞれ簡単に説明しておきましょう。

前提として、すべてデュプレックスシステムです。
予備が用意してあって、動いているのが壊れたら予備に切り替えます。

違うのは

予備の状態

です。

例えば、動いている方が計算問題を解いているとしましょう。

デュプレックスシステム7

ホットスタンバイでは、予備は「いつでも仕事を始められるように準備が整った状態」で待機しています。
机の前に座って、ペンも持って「おまえが倒れたら、すぐに俺が引き継ぐぜ」な状態で待っているイメージです。

デュプレックスシステム8

ウォームスタンバイでは、予備は「すぐには仕事を始められないけど、そこそこ準備が整った状態」で待機しています。
ペンは持っていないけど、机の前に座って、ぼーっとしているようなイメージです。

デュプレックスシステム9

コールドスタンバイでは、予備は「ほっとんど(もしくは、まったく)準備をしていない状態」で待機しています。
こいつは「待機している」と呼べるかは微妙な状態です。
横になって、お昼寝しているイメージです。

デュプレックスシステム10

違いを覚えるのが難しい人は、カップラーメンに入れるお湯を想像してください。
待機しているやつがカップラーメンに入れるお湯に相当します。
そのお湯が、それぞれ

ホット(hot):熱い
ウォーム(warm):暖かい(ぬるい)
コールド(cold):冷たい


のです。

ホットスタンバイは、カップラーメンに入れるお湯が「熱い」状態です。
98℃くらいでしょうかね。
このお湯は、カップラーメンに入れるお湯としては最高です。
そのまま

すぐに使える

状態です。

ウォームスタンバイは、カップラーメンに入れるお湯が「ぬるい」状態です。
60℃くらいでしょうかね。
このお湯は、カップラーメンに入れるお湯としては温度が低すぎます。
温め直す必要があるでしょう。
温め直す分だけだけ

使えるようになるまで、少し時間がかかる

状態です。

コールドスタンバイは、カップラーメンに入れるお湯が「冷たい」状態です。
0℃前後でしょうね。
お湯というよりは水です。
この水をカップラーメンに入れるお湯として使うには、沸かす必要があります。
お湯を沸かす必要があるので

使えるようになるまで、そこそこ時間がかかる

状態です。

そんなイメージです。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「デュプレックスシステム」って単語が出てきたら「予備が用意してあるシステムなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク