[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

十六進数

pointこの用語のポイント

point数字だよ

point0から9までの数字とAからFまでのアルファベットの組み合わせで表現されるよ

point16になると桁上がりするよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

十六進数とは

それぞれの桁の数字が「16」になると桁上がりする数字のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

それぞれの桁の数字が「16」になると桁上がりするのが「十六進数」です。

16で桁上がりなので、10以上も何とかして1文字で表現する必要がありますよね?
そこで10以上は

10=A
11=B
12=C
13=D
14=E
15=F
16=(桁上がり)


で表現するお約束になっています。

十進数:十六進数
0:0
1:1
 ・
 ・
10:A
11:B
12:C
13:D
14:E
15:F
16:10
17:11
18:12
 ・
 ・
26:1A
27:1B


ってな感じですね。

位は右から順に

1(16の0乗)の位
16(16の1乗)の位
256(16の2乗)の位
4096(16の3乗)の位
65536(16の4乗)の位
 ・
 ・


です。
それぞれの桁は、16の累乗が何個あるかを示しています。

例えば、十六進数で

AC3

という数字があったとしましょう。
これを十進数に直すと

256×10+16×12+1×3



2755

となります。

普段の生活ではあまり見かけませんが、パソコンさんの世界では結構頻繁に登場します。
色コードも十六進数の組み合わせで表現しますし、IPアドレスも十六進数で表記する場合がありますよ。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「十六進数」って単語が出てきたら「各桁が『F(16)』になると桁上げりする数字なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク