[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

変数

pointこの用語のポイント

point値を入れておく箱だよ

pointプログラミングで出てくるよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

変数とは

プログラミング言語における「値を入れておく箱」のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

数学の変数(xとかyとか)と意味は同じです。
処理の中で「値を入れたり取り出したりできる箱」が「変数」です。

変数

例えば、以下のような処理があったとしましょう。

int a = 1;

この処理は

1.「int(整数)」が入る箱を用意する

変数2

2.箱に「a」という名前を付ける

変数3

3.箱「a」に数字「1」を入れる

変数4

の3つのことをやっています。

1と2をやっているのが「int a」の部分です。

変数5

3をやっているのが「 = 1」になります。

変数6

この処理で登場した箱「a」が変数です。

変数7

また、1つの変数に入る値は1つだけです。
2つ以上は入りません。
2つ目を入れた時点で1つ目が消えてしまいます。

例えば、int(整数)が入る箱「a」に「1」を入れたとしましょう。

変数8

その後で、箱「a」に「2」を入れました。

変数9

この状態で箱「a」の中を覗くと「2」が入っています。
「1」は、どこにもありません。

変数10

新しい値が入ってきた時点で、古い値は消え去ってしまうのです。

よって、変数の中に何が入っているかは、実際に中身を覗いてみるまで分かりません。
処理の中で、入れたり出したり消したり書いたりしているはずですからね。

変数の中身は処理によって書き換わっていきます。
中身が「変」わる「数」だから「変数」です。

「『数』と言いつつ数字以外も入るじゃん!」と思うかもしれませんが、細かい部分は気にしないでください。
あまり突っ込んで訊くと「うっせーな!コンピュータの世界は『0』と『1』しかねーから、入ってるのは数字なんだよ!(#゚д゚)」と怒られるかもしれませんよ。

あっ、そうそう。
余談ですが、変数の中の値を常に想像しながら作るのがプログラミングのコツの1つです。
「この変数には、こんな値が入ってくるはず」というのが想像できないと、その変数をどんなことに使えるのか予測できませんからね。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「変数」って単語が出てきたら「値を入れておく箱なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク