[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

リゾルバ (resolver)

pointこの用語のポイント

pointDNS関連だよ

pointクライアント側のプログラムだよ

pointDNSサーバさんに問い合わせするよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

リゾルバ (resolver)とは

DNSの仕組みにおけるクライアント側のプログラムのこと。
もう少し噛み砕いて説明すると

「ねーねー。このドメイン名に対応するIPアドレス(IPアドレスに対応するドメイン名)は何?」とDNSサーバさんに訊きに行ってくれる奴
です。

image piyo

詳しく書くよ

まずは予備知識からいきましょう。

DNS」は「IPアドレスドメイン名の紐付けをしまっせシステム」ね。

パソコンさんはIPアドレスしか分かりません。
ドメイン名を見せられても「う~ん、どこの住所だろう」と困ってしまいます。

リゾルバ

一方、人間様はIPアドレスがピンときません。
例えば「198.51.100.1」と「198.51.100.10」と「198.51.100.11」の違いなんて、パッと見で分かりませんよね。
うっかりミスも増えそうです。

リゾルバ2

そのため、コンピュータさんはコンピュータさんが分かりやすい形式の住所(IPアドレス)、人間様は人間様が分かりやすい形式の住所(ドメイン名)を扱えるような仕組みがあります。
具体的には、事前にIPアドレスとドメイン名の対応付けを行っておいて、必要に応じて変換するのです。

リゾルバ3

このIPアドレスとドメイン名の対応付けを行い、かつ必要に応じて変換してくれる仕組みがDNSです。
また、IPアドレスとドメイン名の対応付けと変換を生業にしているサーバさんを「DNSサーバ」と言います。

リゾルバ4

さて、ドメイン名をIPアドレスに変換する際には、まず最初にパソコンさんからDNSサーバさんに「このドメイン名に対応するIPアドレスは何?」と問い合わせが行きます。
この部分をもう少し突っ込んで見てみましょうか。

「このドメイン名に対応するIPアドレスは何?」な問い合わせですが、実際にはDNSサーバさんに問い合わせるのを仕事にしているプログラムがパソコンさんの中にいて、そのプログラムが問い合わせを行います。
パソコンさんの中には、DNSサーバさんへのお問い合わせを生業にしているプログラムがいるのです。

リゾルバ5

このプログラムを「スタブリゾルバ」と言います。

おっと、「リゾルバ」が登場しましたよ。

突然ですが、パソコンさんに関するお話は一旦ここで区切ります。
次に、DNSサーバさんに注目してみましょう。

実はDNSサーバさんは、大きく分けて二種類あります。
自分の管理している情報を教えてあげるのがお仕事のDNSサーバさんと、どんな手を使おうともお問い合わせに答えてあげるのがお仕事のDNSサーバさんです。

どんな手を使おうともお問い合わせに答えてあげるのがお仕事のDNSサーバさんは、自分で答えが分からないときは他のDNSサーバさんに訊きに行きます。カンニング野郎です。

リゾルバ6

そのカンニング野郎なDNSサーバさんには「フルサービスリゾルバ」という名前が付いています。

おや、また「リゾルバ」が登場しましたよ。

ここで先程の話と併せて考えてみましょう。

スタブリゾルバさんは、パソコンの中にいてDNSサーバに問い合わせに行く奴でした。
フルサービスリゾルバさんは、答えが分からないと他のDNSサーバに問い合わせに行く奴です。

つまり「DNSサーバに問い合わせに行く奴」が「リゾルバ」ということです。

リゾルバさんは、問い合わせを受けるDNSサーバさんから見るとクライアント側(サービスを受ける側)です。
ですからリゾルバは「DNSの仕組みにおけるクライアント側のプログラムである」と言うことができます。

ちなみに、単に「リゾルバ」と言われた場合は「スタブリゾルバ」(パソコンの中にいてDNSサーバに問い合わせに行く奴)を指す場合も多いです。
前後の文脈次第ではありますが、読み替えてしまっても構わないと思います。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「リゾルバ」って単語が出てきたら「DNSサーバに訊きに行ってくれる奴なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク