[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律

pointこの用語のポイント

point法律だよ

pointマイナンバーに関するあれこれを規定してるよ

pointくそ長ったらしい名前だから「マイナンバー法」「番号利用法」「番号法」などと略されることが多いよ

point中身は私もよく分かってないよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律とは

いわゆる「マイナンバー法」のこと。
つまり

私も具体的なことはさっぱり分かっていないけど、マイナンバーに関するあれやこれやについて定めた法律
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。
まずは予備知識として「マイナンバー」について簡単に説明します。
「そんなの説明されなくても知ってるよ!」な人は、適当に読み飛ばしてください。

マイナンバーは「国民ひとりひとりに割り振られた個人を識別するための番号」です。
12桁の番号で、みんな違う番号が割り振られます。
国が個人に割り振った背番号です。

例えば、そうですね。

ここにピヨピヨ国がありました。
国民はピヨ太君、ピヨ子さん、ピヨ太パパ、ピヨ太ママの4人です。

行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律

ピヨピヨ国は、ピヨピヨ国民ひとりひとりに番号を割り振りました。
ピヨ太君は「1番」です。
ピヨ子さんは「2番」です。
ピヨ太パパは「3番」になります。
ピヨ太ママは「4番」です。

行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律2

ピヨピヨ国民ひとりひとりに割り振られた番号がマイナンバーです。

行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律3

今回はピヨピヨ国を例に説明しましたが、マイナンバーは日本でも導入されています。

以上を踏まえて、日本のマイナンバーに関するあれやこれやについて規定した法律が「行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律」です。

くそ長ったらしい名前なので正式名称で呼ばれる機会は多くありません。
一般的には「マイナンバー法」や「番号利用法」あるいは「番号法」などと省略して表現されます。

ちなみに、中身の細かい部分は私も知りません。
具体的なことは他のところで勉強してください。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律」って単語が出てきたら「マイナンバーに関する法律なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク