[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

統合開発環境 (IDE)

pointこの用語のポイント

point開発環境だよ

point開発する上で必要なものが(ほぼ)全部詰め込まれているよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

統合開発環境 (IDE)とは

ドラえもんな開発環境のこと。
もうちょっとゴ○ゴ13風に言うと

「必要な道具はすべて揃えた。あとはお前の腕次第だ。検討を祈る」な開発環境のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

「何か作りたいときは、これひとつで事足りるよー」な開発のためのツール(道具)が「統合開発環境(IDE)」です。
Integrated Development Environment(インテグレーティド・デベロップメント・エンバイロメント)」の略で「IDE」とも呼ばれます。

これがあればコードも書けるし~

これがあればコンパイルもできるし~

これがあればテストで動かすこともできるし~

これがあればデバッグもできちゃうんだよ~。

あと必要なのはおまえの技術力だけさ(--)σびしっ!

な環境です。

有名なのはJavaのEclipseやWindows系のVisual Studioですかね。
私もこの二つは使っています。

PHPとかのスクリプト言語は基本的にテキストエディタさんですけどね。
統合開発環境のデメリットとして「起動が遅い」というのがある(と個人的には思っている)ので、ちょっとしたプログラムの作成や修正でいちいち待ちたくないのです。
だからスクリプト言語はテキストエディタ、コンパイラ型言語はIDEで使い分けています。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「統合開発環境」って単語が出てきたら「必要な物が全部詰まった開発環境なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク