[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

カバレッジ (coverage)

pointこの用語のポイント

pointカバーしている範囲だよ

pointあるいはテストカバレッジ(テストにおいて全体のどれくらいの確認が終わったか)のことだよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

カバレッジ (coverage)とは

「あ~、こいつはね。全体に対して、これくらいをカバーしているよ(カバーしたよ)」的なことをカッコ付けて言った表現
です。
システムテストの話で出てきた場合は

「テストを全部やると、これだけ確認できるはずだよ。それに対して、今はこれだけの確認が終わってるよ」な割合のこと
を意味します。

image piyo

詳しく書くよ

一言で言えば「カバーしている(した)範囲」をカッコ付けて言った表現が「カバレッジ」です。

全体は、これくらいです。

カバレッジ

それに対して、ピヨ太君は、これくらいカバーしています。

カバレッジ2

ピヨ太君のカバーしている範囲が、ピヨ太君のカバレッジです。

カバレッジ3

というのが「どこまで電波が届くか?」や「どこまで○○を適用するのか?」といった話で出てくる「カバレッジ」です。
影響範囲とか適用範囲とも言えますかね。
カバーしている(した)範囲です。

あと「カバレッジ」という表現は、プログラムのテストの話で、よく出てきます。

とはいえ、難しく考える必要はありません。
考え方は一緒です。

テスト全体で、これくらいの確認をします。

カバレッジ4

そのうち、これくらいの確認が終わりました。

カバレッジ5

確認が終わった範囲、言い方を変えると、確認が終わった割合がカバレッジ(テストカバレッジ)です。
日本語で「網羅率」と表現されたりもします。

カバレッジ6

例えば、そうですね。
ここにピヨ太プログラムがありました。

カバレッジ7

ピヨ太プログラムは

1.お腹が空いた
2.嫌なことがあった


のどちらかの条件を満たすと、ケーキを食べます。

カバレッジ8

そんな役立たずなプログラムです。

ピヨ太プログラムの処理を、もう少しプログラムっぽく書くと以下のようになります。

if((お腹が空いた? == Yes) or (嫌なことがあった? == Yes)){
  ケーキを食べる
}


カバレッジ9

このピヨ太プログラムに対して「処理が枝分かれしたときの行き先を全部1回は確認するぜ!」な方針でテストを行うことにしました。
具体的には、ピヨ太プログラムが

1.ケーキを食べる
2.ケーキを食べない


の2つのパターンを、それぞれ確認します。

カバレッジ10

最初の時点では、何も確認できていません。
カバレッジは0%です。

カバレッジ11

次にピヨ太プログラムを

1.お腹が空いた? → Yes

の条件に設定してテストを行いました。

カバレッジ12

このテストにより

1.ケーキを食べる

分岐に入った際の処理に問題がないことを確認できました。

カバレッジ13

これでカバレッジは50%です。
全部で2つ確認するつもりです。
そのうちの1つが確認できました。
半分終わった計算です。

カバレッジ14

次にピヨ太プログラムを

1.お腹が空いた? → No
2.嫌なことがあった? → No


の条件に設定してテストを行いました。

カバレッジ15

このテストにより

2.ケーキを食べない

分岐に入った際の処理に問題がないことを確認できました。

カバレッジ16

これでカバレッジは100%です。
全部で2つ確認するつもりです。
そのうちの2つとも確認できました。
全部終わった計算です。

カバレッジ17

この例で挙げたように「全部で、これだけ確認するよ」に対する「これだけ確認できたよ」な割合がテストにおけるカバレッジです。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「カバレッジ」って単語が出てきたら「どれくらいカバーしているか(したか)なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク