[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

上り

pointこの用語のポイント

point通信関連の用語だよ

point元締めに向かう方向だよ

point「下り」の対義語だよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

上りとは

通信において元締めに向かう方向のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。
まずは「通信」のあれやこれやについて簡単に説明します。
「そんなの説明されなくても知ってるよ!」な人は、適当に読み飛ばしてください。

通信は「情報を伝えること」です。

上り

通信において、情報をやり取りする際の「方向」は2種類あります。
それは

1.こっちからあっちに出ていく方向
2.あっちからこっちに入ってくる方向


の2つです。
当たり前といえば当たり前ですね。

上り2

以上を踏まえて、通信において「こっちからあっちに出ていく方向」が「上り」です……というのは間違った説明ですが、まずは、そう覚えてください。

上り3

正確には「元締めに向かう方向」が「上り」です。
「上納金を納める方向」と言えばイメージできますかね。
電車の「上り」「下り」と基本的なイメージは一緒です。

上り4

とはいえ、普通にパソコンをぺちぺちしたり、スマホをぽちぽちする分には、自分から出ていく方向が上りと考えて問題ありません。

例えば、そうですね。
ピヨ太君がインターネットを使ってホームページを見るとしましょう。

ホームページを見ようとすると、まず、ホームページを見るときに使うソフトWebブラウザ)からホームページのファイルが置いてあるコンピュータ(Webサーバ)に対して「このページをおくれ」なお願いが出されます。

上り5

そのお願いに対して、WebサーバさんからWebブラウザさんに「ほれ、そのページだよ」とお返事がきます。

上り6

お返事を受け取ったWebブラウザさんは、受け取った内容(ホームページのファイル)を画面上に表示してくれます。

上り7

これが、ホームページが表示されるときの流れです。

この話における「元締め」はWebサーバさんです。
ホームページのファイルを管理しているやつですからね。

上り8

WebブラウザさんからWebサーバさんに向かう方向が上りです。

上り9

パソコンをぺちぺちしているピヨ太君からすれば「出ていく方向」です。

上り10

さて、このとき、ピヨ子さんがWebサーバをメンテナンスしていたとしましょう。
ピヨ子さんは元締めをポチポチ操作していました。

元締めをポチポチしているピヨ子さんからすれば「入ってくる方向」が上りです。

上り11

少し、ややこしいですかね。
方向性としては

元締めに向かう方向

が上りです。
自分が元締めの側にいるのか元締めではない側にいるのかで「出ていく」「入ってくる」は変わります。

ただし、普通にパソコンやスマホを使う分には、自分が元締めの側に立っていることは少ないはずです。
よって、基本的には「出ていく方向」が上りだと解釈していても、そこまで不都合はないと思います。

ちなみに上りの逆は「下り」です。

上り12

また「上り」は「アップストリーム(upstream)」と表現される場合もあります。

上り13

同様に「下り」は「ダウンストリーム(downstream)」です。

上り14

せっかくなので、全部まとめて覚えてあげてください。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「上り」って単語が出てきたら「元締めに向かう方向なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク