[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

MIMEタイプ

pointこの用語のポイント

pointファイルの種類を表す情報だよ

pointメールにくっつけて送るよ

pointホームページのファイルにくっつけて送るよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

MIMEタイプとは

メールやホームページのファイルにくっつけて送られる「このファイルは、こんな種類のファイルですよ」な情報
です。

image piyo

詳しく書くよ

一言で言えば「ファイルの種類を表す情報」が「MIMEタイプ」です。

メールを送るとき、コンピュータ間でメールのファイルが受け渡しされます。

MIMEタイプ

このとき、メールのファイルには「このファイルは、こんな種類のファイルですよ」な情報がくっついています。
例えば「普通のテキストですよ」や「HTMLファイルな感じです」などです。

MIMEタイプ2

「このファイルは、こんな種類のファイルですよ」な情報がMIMEタイプです。

MIMEタイプ3

ホームページを表示するとき、ホームページのファイルが置いてあるコンピュータ(Webサーバ)からホームページを見るときに使うソフトWebブラウザ)に対して、ホームページのファイルが渡されます。

MIMEタイプ4

このとき、ホームページのファイルには「このファイルは、こんな種類のファイルですよ」な情報がくっついています。
例えば「HTMLファイルですよ」や「画像です」などです。

MIMEタイプ5

「このファイルは、こんな種類のファイルですよ」な情報がMIMEタイプです。

MIMEタイプ6

実際には「くっついている」と表現するよりも「一緒に送られる」と表現した方が正確かもしれませんけどね。
そこら辺は、ゆるく解釈してください。
メールヘッダ(メールの場合)やHTTPレスポンスヘッダ(ホームページのファイルの場合)と呼ばれる場所に付与される情報です。

MIMEタイプの形式は

ファイルの分類/ファイルの種類

です。

例えば「text/plain」というMIMEタイプがあります。
これは

「text」に分類される「plain」なファイル

を意味しています。

MIMEタイプ7

「text」はテキストです。
文字情報です。

「plain」は「飾り気のない」とか、そんな意味です。
プレーンヨーグルトのプレーンです。

つまり「text/plain」は

ふっつーのテキストファイル(中身が文字だけのファイル)

を意味しています。

あるいは「text/html」というMIMEタイプがあります。
これは

「text」に分類される「html」なファイル

を意味しています。

MIMEタイプ8

「text」はテキストです。
文字情報です。

「html」はHTMLです。
ホームページのファイルを作るときに使うファイルの書き方ルールです。

つまり「text/html」は

HTMLファイル(ホームページのファイル)

を意味しています。

もう1つ見てみましょう。
image/png」です。
これは

「image」に分類される「png」なファイル

を意味しています。

MIMEタイプ9

「image」は画像です。

「png」はPNGです。
PNGが分からない人は「画像の種類(のひとつ)」と解釈してください。

つまり「image/png」は

PNGファイル(PNG形式の画像ファイル)

を意味しています。

このように、MIMEタイプはファイルの種類を表す情報です。

あと、ついでなので「Content-Type」にも触れておきましょう。

Content-Typeは、メールやホームページのファイルにくっつく「このファイルは、こんな種類のファイルです」な情報が書いてある項目です。

おや、MIMEタイプの説明と似ていますね。
何が違うのでしょう。

何となく分かれば満足な人は同じものだと思ってかまいません。
どちらも「ファイルの種類」を表す情報です。

厳密に考えれば、微妙に違う気はしますけどね。

メールを例に説明しますが、Content-Typeは例えば

Content-Type: text/plain; charset=iso-2022-jp

のように書きます。
Content-Typeの中に書いてある「text/plain」の部分がMIMEタイプです。

「charset」の部分は、取りあえず気にしないでください。
文字に関する、とある指定です。

それを踏まえて、私自身は

MIMEタイプ:ファイルの種類を示す情報
Content-Type:ファイルの種類を示す情報を指定する項目


のように区別しています。

「Content-TypeでMIMEタイプを指定する」と言えばイメージできるでしょうか。
Content-Typeは、あくまで項目の名前です。
中に書いてある情報はMIMEタイプです。

……が、現実的には区別されていないことが多いですし、区別している場合でも、区別の仕方や根拠が人によって違ったりします。
私も、自分の区別の仕方が本当に合っているのか、自信はありません。

自分から説明しておいてなんですが、個人的には「Content-TypeとMIMEタイプの違いは、あまり気にする必要ないんじゃないかな~」と思っています。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「MIMEタイプ」って単語が出てきたら「ファイルの種類を表す情報なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク