[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

フルスタックエンジニア

pointこの用語のポイント

point(理想)何でもできるエンジニアだよ

point(理想)複数の分野に対して高い専門知識を持っているよ

point(現実)何でもやらされるエンジニアだよ

point(現実)「全部やって!」って言われるよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

フルスタックエンジニアとは

システム開発もできるし、ネットワークにも強いし、データベース関係も得意だし、セキュリティ関係もバッチリだし、ハードウェア関係も任せてよ!な全方向的に高い技術や知識を持っているエンジニアのこと
です。
現実的には

あれもこれもやることを求められる「何でもできるよね?」なエンジニアのこと
ですけどね。

image piyo

詳しく書くよ

理想論で言えば「何でもできるぜ!」エンジニアが「フルスタックエンジニア」です。

例えば、そうですね。

あるところにピヨピヨ総合病院がありました。

フルスタックエンジニア

外科は外科部長のピヨ子さんが仕切っています。
ピヨ子さんは天才外科医です。

フルスタックエンジニア2

内科は内科部長のピヨ太ママが仕切っています。
ピヨ太ママも業界では伝説になりつつある優秀な内科医です。

フルスタックエンジニア3

ピヨピヨ総合病院には、他にも耳鼻科や小児科、泌尿器科など、いろいろな科があります。
そして、その科ごとに専門家、いわゆるスペシャリストが責任者として配属されています。

さて、そんなピヨピヨ総合病院の院長はピヨ太君です。

フルスタックエンジニア4

実はピヨ太君、スゴいやつです。
ぼーっとした顔に騙されてはいけません。

フルスタックエンジニア5

まず、外科のスペシャリストです。
ピヨ子さんの師匠がピヨ太君です。

フルスタックエンジニア6

内科もスペシャリストです。
いろいろなことをピヨ太ママに教えてもらって、極めました。

フルスタックエンジニア7

その他の診療科目も一通り極めています。
ぼーっとした顔をしていますが「何でも、できるぜ!」なスゴいやつなのです。

フルスタックエンジニア8

この話におけるピヨ太君っぽいエンジニアがフルスタックエンジニアです。

フルスタックエンジニア9

ITの業界も、お医者さん同様に、いろいろな分野があります。
例えば

プログラミング(システム開発)
データベース
ネットワークインフラ
Web
ハードウェア
セキュリティ
・コンサル
・オペレータ(運用)


などなど、です。

そして、分野によって必要な知識や技術が微妙に違ったりします。

この、たくさんある分野のすべて……とまではいかないまでも、いろいろな分野に精通しているエンジニアがフルスタックエンジニアです。

……というのが理想の話です。

次に現実の話をします。

現実的には「何でもやらされるエンジニア」が「フルスタックエンジニア」です。
プログラムを作って、機械の準備もして、ネットワークも作って、実際に動かして、問題が出ないように監視して、問題が出たら対応して……のような「全部おまえに任せたわ」な状況になりかねないエンジニアです。

フルスタックエンジニア10

例えば、求人情報で「フルスタックエンジニアを募集!」とあったとしましょう。
これが意味するところは「具体的に何とは言えないけど、いろんな分野にまたがる、いろんな作業が出てくると思うのよ。そこら辺を全部やれそうな人を募集!」です。

身も蓋もない書き方をすれば

全部やれ!

です。
「専門がどうとか言ってないで、出てきた作業は全部やれ!」な依頼のときに「フルスタックエンジニア」という表現が登場します。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「フルスタックエンジニア」って単語が出てきたら「何でもできる(ことを求められる)エンジニアなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク