[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

マークアップ言語 (markup language)

pointこの用語のポイント

point文書構造を表す目印の付け方ルールだよ

pointタグで囲むことで構造を表現するよ

pointHTMLとかXMLのことだよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

マークアップ言語 (markup language)とは

HTMLとかXMLのこと。
もう少しきちんと説明すると

タグで囲む(マークをつける)ことで構造を表現する言語
です。
よく分からなければ

文章に対して構造を表現する目印の付け方ルール
と考えてください。

image piyo

詳しく書くよ

タグ」は、よく分からなければ「目印」と読み替えてください。
目印で囲むことでそれぞれの内容に意味付けをする言語が「マークアップ言語」です。

例えば、ピヨ太君が、とある文書ファイル

ピヨ太君は、とってもお腹が空いています。

と書いたとします。

マークアップ言語

ピヨ太君は、すごいお腹が空いているのです。
この文章の「とっても」の部分を強調したいです。

マークアップ言語2

ピヨ太君が文章を書いた文書ファイルには「<strong>」と「</strong>」で囲った部分は強調扱いになる、というルールがありました。
そこで、ピヨ太君は文書ファイルの中身を

ピヨ太君は、<strong>とっても</strong>お腹が空いています。

と書き換えました。

これで、ピヨ太君のお腹の空きっぷりが強調されましたね。
ピヨ太君は満足です。

ここで、この文書ファイルの書き方に注目してください。
目印を付けることで「ここは強調だよ」と文書構造を表現しました。

このように、タグで囲む(マークをつける)ことで構造を表現する言語が、マークアップ言語です。
書いた内容にマークをつけるから「マークアップ言語」です。

もう一つ、例を挙げておきましょう。

例えば、以下のような内容が書かれている文書ファイルがあったとします。

<言語=ぴよぴよ言語>
<ぴよ-始まり>
 <名前-始まり>ぴよぴよ太郎<名前-終わり>
 <性別-始まり>♂<性別-終わり>
 <年齢-始まり>永遠の3歳<年齢-終わり>
 <特技-始まり>ひよこの性別当て<特技-終わり>
 <趣味-始まり>昼寝<趣味-終わり>
<ぴよ-終わり>


これを見て、この文書内の

・ぴよぴよ太郎
・♂
・永遠の3歳
・ひよこの性別当て
・昼寝


がそれぞれ何を意味するか、すぐに分かりますよね?
それはタグ「<○○-始まり>」~「<○○-終わり>」で囲まれているからです。

このような、内容に意味づけ(構造化)するための目印の付け方を定義したものがマークアップ言語です。

HTMLXMLも開きタグ(<hoge>)と閉じタグ(</hoge>)で囲んで、意味を持たせますよね?
だから、あいつらもマークアップ言語です。

「言語」という響きに騙されないでくださいね。
単なる「目印の付け方ルール」です。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「マークアップ言語」って単語が出てきたら「HTMLとかXMLのことなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク