[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

インプレッション (impression)

pointこの用語のポイント

pointWeb広告を表示することだよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

インプレッション (impression)とは

「Web広告の表示!」の意味
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。
まずは予備知識として「Web広告」について簡単に説明します。
「そんなの説明されなくても知ってるよ!」な人は、適当に読み飛ばしてください。

Web広告は、大雑把に説明すると「インターネットを使っていて目にする広告」です。
ホームページメールWebアプリなどにくっついている広告です。

インプレッション

2017年現在では、広告部分が文字リンク画像のリンクになっていて、押すと商品の紹介ページに移動するタイプの広告がWeb広告の主流です。

インプレッション2

以上を踏まえて「Web広告の表示!」的なことをカッコつけて言った表現が「インプレッション」です。

偉そうに取り上げておいてなんですが「インプレッション」という用語が単体で使われることは、あまりありません。
インプレッション数」や「インプレッション単価」といった形で出てきます。

インプレッション数は「Web広告が表示された回数」をカッコ付けて言った表現です。
別に難しく考える必要は、ありません。
広告が100回表示されたら、インプレッション数は「100」です。

インプレッション3

インプレッション単価は「Web広告が1,000回表示されるごとに発生する料金」です。
インプレッション単価が100円だった場合、広告が1,000回表示されると100円の広告費が発生します。

インプレッション4

「インプレッション○○」や「○○インプレッション」などと出てきたら「Web広告の表示に関する何かなのね」と思ってください。
それで、なんとなくの雰囲気はつかめるはずです。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「インプレッション」って単語が出てきたら「Web広告を表示することなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク