[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

バランススコアカード (BSC)

pointこの用語のポイント

point業務評価のやり方だよ

point「財務」「顧客」「業務プロセス」「学習と成長」の4つの視点で評価するよ

point細かいことは私も知らないよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

バランススコアカード (BSC)とは

業務評価のやり方のひとつ
であり

「お金」「お客さま」「お仕事の内容」「働いてる人とか会社の成長」の4つの視点で今やっていることを見直して、あーだーこーだすること
です。

image piyo

詳しく書くよ

別にIT用語というわけでもないですけどね。
某・資格試験の過去問に出てきたので、一応、取り上げておきます。

とはいえ、私もきちんと理解できている自信はありません。
できれば他のところで情報を補完してください。

そんな言い訳をして華麗に逃げ道を用意したところで、何となく説明してみましょう。

1.お金
2.お客さま
3.お仕事の内容
4.働いてる人とか会社の成長


の4つの視点で「今やっていることって、本当に良いやり方なのかな?」を見直す作業が「バランススコアカード」です。
Balanced Score Card(バランスト・スコア・カード)」の頭文字を取って「BSC」とも呼ばれます。

なお、小難しい説明をしているところでは、4つの視点を

1.財務の視点
2.顧客の視点
3.業務プロセスの視点
4.学習と成長の視点


のように表現しているはずです。

バランススコアカード(BSC)

私も、よく分かっていませんが、何となく説明してみましょう。

1.財務の視点

は「対 お金」です。
「どうすれば儲かるかな?」とか、そういう視点ですね。

2.顧客の視点

は「対 お客さま」です。
「どうすれば、お客さまがニコニコになるかな?」とか、そういう視点ですね。

3.業務プロセスの視点

は「対 お仕事(の内容)」です。
「どうすれば効率よく製品を作れるかな?」とか、そういう視点ですね。

4.学習と成長の視点

は「対 (働いてる人とか会社の)成長」です。
「どうすれば会社が、でっかくなるかな?」とか、そういう視点ですね。

理想(あるべき姿)と現実(今やっていること)に対して、この4つの視点で、あーだこーだと分析して、あーだこーだするのがバランススコアカードです。
「あーだこーだ」の部分は、ごちゃごちゃしていて、よく分かりませんでした。
他のところで勉強してください。

会社というのは、お金儲けが大事です。
でも、お金のことばっかり考えていては上手くいきません。
バランススコアカードは「もちろん、お金は大事だけど、お金関係以外のこともバランス良く考えようね」な評価のやり方です。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「バランススコアカード(BSC)」って単語が出てきたら「財務、顧客、業務プロセス、学習と成長の4つの視点で、やってることを評価するやり方なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク