[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

CPM

pointこの用語のポイント

pointWeb広告における指標だよ

point広告が1,000回表示されるごとに発生する料金だよ

point「インプレッション単価」とも呼ばれるよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

CPMとは

Web広告における指標のひとつ
であり

広告が1,000回表示されるごとに発生する料金のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。
まずは予備知識として「Web広告」について簡単に説明します。
「そんなの説明されなくても知ってるよ!」な人は、適当に読み飛ばしてください。

Web広告は、大雑把に説明すると「インターネットを使っていて目にする広告」です。
ホームページメールWebアプリなどにくっついている広告です。

CPM

2017年現在では、広告部分が文字リンク画像のリンクになっていて、押すと商品の紹介ページに移動するタイプの広告がWeb広告の主流です。

CPM2

以上を踏まえて、Web広告が1,000回表示されるごとに発生する料金が「CPM(シーピーエム)」です。
インプレッション単価」と表現される場合もあります。

CPMが何の省略表現か理解しておけば、意味を掴みやすいと思います。
Cost Per Mille(コスト・パー・ミル)」の略で「CPM」です。
「M」は「Mille(ミル)」の頭文字で「1,000」を意味します。
つまり「(広告の表示)1,000回あたりのコスト」を意図した表現が「CPM」です。

例えば、CPMが100円だったとしましょう。
広告が1,000回表示されると100円の広告費が発生します。
2,000回表示されれば200円です。
「CPM×表示回数÷1000」が実際の費用になります。

CPM3

CPMは、Web広告におけるお値段の決め方のひとつです。
Web広告のお値段の決め方には、他に「CPC」というのがあります。

CPCは「Web広告が1回クリックされるごとに発生する料金」です。
広告がポチっと押されたら、広告料が発生します。

CPMとCPCはセットで覚えてあげてください。

・CPM:(1,000回の)表示に対して発生する料金
・CPC:(1回の)クリックに対して発生する料金


です。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「CPM」って単語が出てきたら「Web広告が1,000回表示されるごとに発生する料金なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク