[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

CPM

pointこの用語のポイント

pointWeb広告における指標の一つだよ

point広告を1000回表示するごとに発生する料金だよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

CPMとは

Web広告を1000回表示するごとに掛かる料金のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

Web広告は「ホームページメールWebアプリなどのWebコンテンツに載せられる広告」ね。

このWeb広告が1000回表示される毎に掛かる料金が「CPM」です。
CPMが500円だったら、広告が1000回表示される毎に500円ずつ請求されます。

例えば広告を貼ったホームページを見てくれた人が1人いたとしましょう。
そうすると広告が1回表示されますよね。
ホームページが1000回表示されたら、広告も1000回表示されます。
この1000回の露出に対していくら掛かるの?がCPMです。

CPMが何の省略表現か理解しておけば、意味を掴みやすいと思います。
Cost Per Mille(コスト・パー・ミル)」の略で「CPM」です。
「M」は「Mille(ミル)」で「1000」を意味します。
つまり「(広告の表示)1000回あたりのコスト」です。

CPMは、Web広告におけるお値段の決め方のひとつです。
Web広告のお値段の決め方には、他に「CPC」というのがあります。

CPCは「Web上で広告が1回クリックされるごとに掛かる料金」です。
広告をポチっと押されたら、広告料が発生します。

CPMとCPCはセットで覚えてあげてください。

・CPM:(1000回の)表示に対して料金が発生
・CPC:(1回の)クリックに対して料金が発生


です。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「CPM」って単語が出てきたら「Web広告を1000回表示するごとに掛かる料金なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク