[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

ダンプ (dump)

pointこの用語のポイント

point出力するよ

point加工しないで出力するよ

pointファイルとかに出力するよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

ダンプ (dump)とは

見たい内容をファイルとかに「ぐへぇ(-O-)=3」と吐き出すこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

データファイルや画面に「ぐへぇ(-O-)=3」と出力するのが「ダンプ」です。
「○○ダンプ」や「○○をダンプする」といった使い方をします。

ダンプ

例えば「メモリダンプ」は「メモリの内容をファイルに出力する」の意味です。
DBをダンプする」と言った場合は「データベースの内容をファイルに出力する」の意味になります。

「普通に『出力』でいーじゃん」と感じるかもしれませんが、わざわざ「ダンプ」と言った場合は「手を加えずにそのまま」なニュアンスがあります。
加工しないで、そのまま、ぽいっちょと出すイメージです。

ダンプ2

そのため、エラー内容デバッグ中の値を出力するときは「ダンプ」と表現することが多いです。
エラー内容やデバッグ中のデータは基本的に手を加えないで確認するものですからね。

あとはメモリ上の内容を出力する場合も「ダンプ」と表現することが多いです。
メモリ上にどんな内容が乗っているのか確認するのが目的なので、基本的に手を加えませんからね。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「ダンプ」って単語が出てきたら「なんか出力されたのね」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク