[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

3C分析

pointこの用語のポイント

point現状分析のやり方だよ

point主に会社に対して行うよ

point顧客、競合、自社の3つを分析するよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

3C分析とは

企業における現状分析のやり方のひとつ
であり

お客さま(顧客)、ライバル会社(競合)、自分(自社)の3つについて、じっくり考えること
です。

image piyo

詳しく書くよ

別にIT用語というわけでもないですけどね。
某・資格試験の過去問に出てきたので、一応、取り上げておきます。

用語の意味自体は難しくありません。

1.お客さま(顧客)
2.ライバル(競合)
3.自分(自社)


の3つについて、うんうん考えるのが「3C分析」です。

3C分析

上で挙げた3つの単語を、それぞれ英語にすると

1.顧客→customer
2.競合→competitor
3.自社→company


になります。

それぞれの単語の頭文字は「C」です。
3つの「C」(で始まる単語)を分析するから「3C分析」です。

3C分析2

具体的に何を分析するのかは知りません……が、おそらく

1.それぞれの特徴
2.関係性


を分析するのだと思います。

例えば

1.お客さまは、どんな年齢層が多いか(顧客)
2.ライバルのスゴいところはどこか(競合)
3.自分たちの武器は何か(自社)
4.どうすれば、お客さまが満足するか(自社←→顧客)
5.どうすれば、ライバルに差を付けられるか(自社←→競合)
6.ライバルは、どうやってお客さまを満足させているか(競合←→顧客)


とかを考えるんじゃないですかね。

取り上げておいてなんですが、3C分析はマーケティング関連の用語です。
できれば、マーケティングとか経済とかの分野の解説をしているところで、情報を補完してください。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「3C分析」って単語が出てきたら「顧客、競合、自社の3つについて分析することなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク