[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

クラウドコンピューティング (cloud computing)

pointこの用語のポイント

pointバズワードだよ

pointネットワークを介して使うよ

pointデータを外部に置くよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

クラウドコンピューティング (cloud computing)とは

もともとは「ネットワークを中心に据えたコンピュータの利用形態」的な意味だけど、言う人によって意味が違ったり、よく分からないまま使っていたりする用語
です。
無理やり定義づけるとしたら

外部にデータを置いて、ネットワークを介して利用する形態になっているサービスとかシステムとかを、ふんわりと定義したもの
ですかね。

image piyo

詳しく書くよ

専門家ぶりたいド素人が大好きなバズワード(専門用語っぽい響きだけど中身が無い単語)の代表格が「クラウドコンピューティング」です。

まずは「クラウドコンピューティング」という用語が出てきたときの、一番確実な対処法を書いておきましょう。

「クラウドコンピューティング」や「クラウド」と言ったやつ本人に「クラウドって、どういう意味の用語ですか?」と訊いてください。

クラウドコンピューティング

そこで相手が「あうあう(^A^;)」となるようであれば、まともに相手をする必要はありません。
専門家ぶりたいだけのド素人です。
きっと言った本人も、よく分かっていないのでしょう。
小難しい雰囲気の用語を口にすることによって、あなたを煙に巻こうとしているだけです。
警戒してください。

クラウドコンピューティング2

もし「これこれ、こういう意味だよ~」と頑張って説明してくれたのであれば、その人はそういう意味で使っているのでしょう。
本来の意味がどうかを気にする必要はありません。

クラウドコンピューティング3

「クラウドコンピューティング」という用語は、用語の持つ本来の意味を探すよりも「相手がどのような意図で使っているか」を考えた方が現実的です。
その用語を使っている人自身が、本来の意味を知っているか怪しいからです。

誤解を恐れずに言えば「クラウドコンピューティング」という用語に共通した定義なんてありません。
分かったような分からないような用語の代表格です。

もちろん、はじめて「クラウドコンピューティング」と言った人は、用語の意味を定義づけたはずですけどね。
その定義を理解して、その定義の通りに使っている人は、ほとんどいないと思います。

強いて挙げれば

1.ネットワークを介して使う
2.データを外部に置く


くらいは共通認識でしょうか。

そもそもの話として、クラウドコンピューティングっぽいサービスや考え方は従来からありました。
技術が追い付かなくて、実現できない部分もありましたけどね。

新しい技術ですらありません。
一時期「すごいのが出てきたよ!これからはクラウドの時代だよ!」みたいに騒ぐ人もいましたが、私は、前からあったものに新しい名前を付けただけだと解釈しています。

例えば、昔からあるサービス形態のレンタルサーバーだって、クラウドコンピューティングと呼べそうです。

1.ネットワークを介して使う
2.データを外部に置く


形で借りるコンピュータですからね。

クラウドコンピューティング4

また「おまえ、意味が分かって言ってるの?」な人ほど、新しい技術で万能なような言い方をしますが、もちろんデメリットもあります。

1.ネットワークを介して使う
2.データを外部に置く


が、そのままデメリットです。

1.ネットワークにつながらないと何もできなくなる
2.データを外に置くから機密保持上、問題になりうる


なリスクは押さえておいてください。

ちなみに、私は「クラウドコンピューティング」という用語を普通に使う人とは、IT関連の専門的な会話はしないように意識しています。

偏見なのは自覚していますけどね。

「専門家ぶりたいド素人が好きな用語」みたいなイメージがあるので、関わりたくないと思ってしまいます。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「クラウドコンピューティング」って単語が出てきたら「専門家っぽい振りをしたい人が好きな言葉なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク