[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

メールボディ (mail body)

pointこの用語のポイント

pointメールの本文が書いてある場所だよ

point便箋に相当するものだよ

point「メールヘッダ」と対比されるためにあるよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

メールボディ (mail body)とは

「メールヘッダ」と対比されるためにある用語
であり

メールの「便箋」に相当する部分のこと
です。
もう少し具体的に書くと

メールの本文が書いてある場所
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。
まずは予備知識として「メール」と「メールヘッダ」について簡単に説明します。
「そんなの説明されなくても知ってるよ!」な人は、適当に読み飛ばしてください。

メールは「電子メール」の省略表現で「パソコンさんの世界のお手紙機能」です。
とはいえ、普通に「メール」って言えば分かりますよね?

メールボディ

メールヘッダは「そのメールに関する説明書きが書いてある部分」です。
メールヘッダは、ちょうどメールの頭の辺りにあります。

メールボディ2

というのは冗談です。

メールボディ3

メールヘッダはメールの「封筒」に相当します。

メールボディ4

試しに実際のお手紙で考えてみてください。

お手紙は、中に入れる便箋だけでは相手に届きません。
宛先を書いて切手を貼った封筒が必要です。
封筒の中に便箋が入って、はじめて、お手紙としての役割を果たせます。

メールボディ5

メールも同じです。
本文だけでは相手に届きません。

1.宛先や差出人の名前などを書いた部分(封筒)
2.本文を書いた部分(便箋)


の2つが揃って、はじめてメールとしての役割を果たせるのです。

この2つのうち

1.宛先や差出人の名前などを書いた部分(封筒)

の呼び名が「メールヘッダ」です。

メールボディ6

以上を踏まえて、メールの本文が書いてある場所が「メールボディ」です。
メールボディはメールの「便箋」に相当します。

メールボディ7

基本的に「ヘッダ」と「ボディ」は対になります。
「○○ヘッダ」は「データの補足情報」を書く場所です。
「○○ボディ」は「データ本体」を書く場所です。
「○○ボディ」は「○○ヘッダ」と対比させるためにあります。
補足情報がなければ「本体」を強調する必要がないからです。

「メールヘッダ」と「メールボディ」の関係も、それと同じです。

メールヘッダに書いてあるのは「メールの補足情報」です。
宛先とか差出人とか、あれやこれやの付帯情報が書いてあります。

メールボディに書いてあるのは「メールのデータ本体」です。
メールのデータ本体、つまり、メールの本文が書いてあります。

「メールヘッダ」という用語がなければ「メールボディ」という用語も生まれていないと思います。

とはいえ、あまり頻繁に聞く表現では、ありませんけどね。
メールヘッダが登場しない場合は、わざわざ「メールボディ」という言い方はしません。
単に「メール」と表現されるはずです。

「メールボディ」という表現が出てきた場合、ほぼ間違いなく、近くに「メールヘッダ」がいます。
メールボディとメールヘッダはセットで登場すると思ってOKです。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「メールボディ」って単語が出てきたら「メールの便箋なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク