[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

コーポレートカラー (corporate color)

pointこの用語のポイント

point会社のイメージカラーだよ

point会社のイメージと一致する色を選ぶよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

コーポレートカラー (corporate color)とは

その会社を象徴するイメージカラーのこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

別にIT用語というわけでもないですけどね。
某・資格試験の過去問に「コーポレート○○」な用語がよく出てくるので、一応、取り上げておきます。

「コーポレート」+「カラー」で「コーポレートカラー」です。

コーポレートカラー

コーポレートの意味は「企業」ね。

コーポレートカラー2

カラーの意味は「色」です。

コーポレートカラー3

以上を踏まえて「この色の持つイメージは、うちの会社にピッタリだな!」と考えてロゴやパンフレットなどに使う会社のイメージカラーが「コーポレートカラー」です。

コーポレートカラー4

一般的に、コーポレートカラーは、色自体が持つ「人に与える印象」と「会社として世間にアピールしたいイメージ」を比較して決めます。

例えば、そうですね。
ピヨ太君は、ピヨピヨカンパニーを「クールでスタイリッシュで知的な会社」と世間に認識してもらいたいと思いました。

コーポレートカラー5

そんなときは「青系」の色をコーポレートカラーにします。
青い色には「冷静」「知的」「爽やか」などのイメージがあるからです。

コーポレートカラー6

一方、ピヨ子さんは、ピヨピヨカンパニーを「情熱に満ち溢れていて業界を引っ張っていく気概のある会社」と世間に認識してもらいたいと思いました。

コーポレートカラー7

そんなときは「赤系」の色をコーポレートカラーにします。
赤い色には「情熱的」「野性的」「通常の3倍」などのイメージがあるからです。

コーポレートカラー8

世の中には、青や赤以外にも、いろいろな色があります。
その色ごとに、色の持つイメージがあります。

「うちの会社は、こんな会社だよ!」なイメージを「色の持つイメージ」によって表現したのがコーポレートカラーです。

ちなみに、ピヨピヨカンパニーのコーポレートカラーは、決める段階でピヨ太君とピヨ子さんの間で喧嘩になりました。

コーポレートカラー9

社長さんが何となく「俺はこの色が好きだから、この色をコーポレートカラーにしよう」と決めている場合もありますけどね。
それにしたって、社長さんが惹かれる色、言い換えると「社長さんの個性を象徴している色」なはずです。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「コーポレートカラー」って単語が出てきたら「会社のイメージカラーなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク