[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

PBT方式

pointこの用語のポイント

point試験のやり方だよ

point紙で問題を解くよ

point問題用紙と解答用紙を使うよ

point「CBT方式」と対比させるためにある用語だよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

PBT方式とは

「CBT方式」と対比させるために作られたであろう用語
であり

問題用紙と解答用紙を使って行う、昔ながらの試験のやり方のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

先に「CBT方式」について説明しておきます。
「そんなの説明されなくても知ってるよ!」な人は、適当に読み飛ばしてください。

一昔前の試験といえば、紙の問題用紙と解答用紙が配られて、鉛筆とかを使って解答用紙に答えを書き込むのが当たり前でした。

PBT方式

ですが、世の中というのは進歩しています。

なんと!

紙と鉛筆の代わりにコンピュータを使う試験のやり方が登場しました。
コンピュータの画面に問題文が表示されて、それに対する解答をマウスキーボードを使って選択したり入力したりするやり方です。

PBT方式2

この「コンピュータ上で問題を解く試験のやり方」を「CBT方式」と言います。

PBT方式3

以上を踏まえて、昔ながらの「紙の問題用紙と解答用紙が配られて、鉛筆とかを使って解答用紙に答えを書き込む試験のやり方」が「PBT方式」です。

PBT方式4

PBTは「Paper Based Testing(ペーパー・ベースト・テスティング)」の略ね。
気が向いたら、覚えてあげてください。
気が向かなかったら、覚える必要はありません。

調べたわけではありませんが、おそらく「PBT方式」という用語は「CBT方式」と対比させるために作られた用語です。

昔は、試験といえば紙(問題用紙と解答用紙)を使うのが当たり前でした。
それが唯一で当たり前なので、呼び名は必要なかったのです。

ところがどっこい、時代が進んで技術が進歩すると、コンピュータを使うやり方(CBT方式)が出てきました。

それに伴い、昔ながらのやり方にも呼び名が必要になったのでしょう。
そんな経緯で「CBT方式」に対比させて「PBT方式」と呼ぶことにしたのだと思います。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「PBT方式」って単語が出てきたら「紙の問題用紙と解答用紙を使う試験のやり方なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク