[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

リポジトリ (repository)

pointこの用語のポイント

point保管場所だよ

point何を保管するかは分野や前後の文脈から判断してね

スポンサーリンク

簡単に書くよ

リポジトリ (repository)とは

ファイルなり、プログラムなり、設定情報なり、何らかの「保管場所」をカッコ付けて言った表現
です。

image piyo

詳しく書くよ

一言で言えば、何かの「保管場所」が「リポジトリ」です。
実際に何を保管するかはケース・バイ・ケースです。
分野によって保管するものは変わってきます。

リポジトリ

例えば、GitなりSVNなりのバージョン管理システムの話で「リポジトリ」という用語が出てきます。
バージョン管理システムの話で出てくるリポジトリは「ファイルとか変更履歴とかを置いておく場所」です。
バージョンを管理する上で必要なあれやこれやの保管場所です。

あるいは、Linuxの話でも「リポジトリ」という用語が出てきます。
Linuxの話で出てくるリポジトリは……なんでしょうね。
大雑把に言えば「ファイル(ソフト)の置いてある場所」です。

例えば、Linuxには「yum」というコマンドがあります。
yumコマンドは、ソフトをインストールしたりするときに使うコマンドです。
yumコマンドを実行したときにインストールされるソフトの元ネタが置いてある場所を指して「yumリポジトリ」と呼んだりします。

他にも、いろいろな分野で、いろいろなリポジトリが登場するはずです。

「リポジトリ」という用語を見かけたら「このリポジトリ(保管場所)には何を入れるのだろう?」を考えてみてください。
それで何となくの全体像がつかめると思います。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「リポジトリ」って単語が出てきたら「何かの保管場所なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク