[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

サプライチェーン (supply chain)

pointこの用語のポイント

point製品が作られて消費者に届くまでの一連の流れだよ

pointゆりかごから墓場までだよ

point製造業の話で、よく出てくるよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

サプライチェーン (supply chain)とは

製品の「ゆりかごから墓場まで」のこと。
もう少し具体的に書くと

主に製造業の話で登場する用語で、原材料を調達して、加工したり何だりで実際の製品を作って、作った製品を消費者にお届けするまでの一連の流れのこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

別にIT用語というわけでもないですけどね。
サプライチェーンマネジメント(SCM)」という形で某・資格試験の過去問に出てきたので、一応、取り上げておきます。

一言で言えば「製品を作る最初の段階から作った製品が消費者に届くまでの一連の流れ」が「サプライチェーン」です。
物によって多少の違いはあるでしょうが、原材料を調達してきて、作って、売って、お届けするまでの一連の流れを指します。

サプライチェーン

例えば、そうですね。

ピヨ太君は、ピヨピヨ苺ショートケーキを作って売っています。

サプライチェーン2

まず、ピヨ太君はピヨピヨ苺ショートケーキの原材料を調達します。
ピヨ太ママから苺とショートケーキを買いました。

サプライチェーン3

次は加工です。
ピヨ太君は、苺をショートケーキの上に乗せました。
これでピヨピヨ苺ショートケーキの完成です。

サプライチェーン4

次は販売です。
ピヨ太君はピヨピヨ苺ショートケーキをピヨ子さんに売りました。

サプライチェーン5

これで消費者であるピヨ子さんの元にピヨピヨ苺ショートケーキが届きました。

サプライチェーン6

この話における、ピヨ太ママから始まってピヨ子さんにたどり着くまでの一連の流れがサプライチェーンです。

サプライチェーン7

実際には、もっと複雑ですけどね。
例えば、ピヨ太ママがピヨ太君に渡した苺の乗っていないショートケーキだって、元をたどれば卵とか砂糖とかです。
どこかの誰かがショートケーキの材料をピヨ太ママに渡したはずです。
卵とか砂糖とかの段階から考え始めれば、サプライチェーンは、もっと長くなります。
他にもケーキを入れる箱の調達やあれやこれやがあるはずです。

サプライチェーン8

とはいえ、難しく考える必要はありません。

最初は「無」です。
何もありません。

最後は「製品が消費者の元に届く」です。
流通が終わって、後は使うだけです。

最初の「無」から最後の「製品が消費者の元に届く」に至るまでのあれやこれやがサプライチェーンです。
何もないところから始まって、あれやこれやの紆余曲折を経て製品が作り出され、作り出された製品が消費者の元に届くまでの一覧の流れを指します。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「サプライチェーン」って単語が出てきたら「製品を作る最初の段階から消費者に届くまでの一連の流れのことなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク